manページ検索

phrase: max: clip:
target: order:
Results of 21 - 30 of about 134 for スラッシュ (0.022 sec.)
Man page of GLOB 6934
GLOB Section: Linux Programmer's Manual (3) Updated: 2014-08-19 Index JM Home Page 名前 glob, gl ... とする。 GLOB_MARK ディレクトリに対応する各々のパスにスラッシュを付加する。 GLOB_NOSORT 返されるパス名のソートを行わ ... このフラグを設定してはいけない。 GLOB_NOESCAPE バックスラッシュ ('\') をエスケープ用文字として使用できない。 通常は ... 、バックスラッシュを使って、次に続く文字をクォートすることで、 特別な意 ... ン内の唯一の文字の場合か、先頭のチルダの直後の文字が スラッシュ ('/') の場合、チルダを呼び出し者のホームディレクト ...
https://man.plustar.jp/manpage/man3/glob.3.html - [similar]
Man page of GLOB 6934
GLOB Section: Linux Programmer's Manual (3) Updated: 2014-08-19 Index JM Home Page 名前 glob, gl ... とする。 GLOB_MARK ディレクトリに対応する各々のパスにスラッシュを付加する。 GLOB_NOSORT 返されるパス名のソートを行わ ... このフラグを設定してはいけない。 GLOB_NOESCAPE バックスラッシュ ('\') をエスケープ用文字として使用できない。 通常は ... 、バックスラッシュを使って、次に続く文字をクォートすることで、 特別な意 ... ン内の唯一の文字の場合か、先頭のチルダの直後の文字が スラッシュ ('/') の場合、チルダを呼び出し者のホームディレクト ...
https://man.plustar.jp/manpage/man3/globfree.3.html - [similar]
Man page of DIR_COLORS 6934
DIR_COLORS Section: Linux User Manual (5) Updated: 2013-08-09 Index JM Home Page 名前 dir_colors ... nn (16 進数表記の) 任意の文字 \_ スペース \\ バックスラッシュ (\) \^ キャレット (^) \# ハッシュマーク (#) ハッシ ... の文字として入力する場合と同様に、 スペース、 バックスラッシュ、 キャレット、任意の制御文字を、文字列の任意の部分に ...
https://man.plustar.jp/manpage/man5/dir_colors.5.html - [similar]
Man page of LD.SO 6861
LD.SO Section: Linux Programmer's Manual (8) Updated: 2014-12-31 Index JM Home Page 名前 ld.so, ... する際、動的リンカーは、最初に、依存関係の各文字列がスラッシュを含んでいるかをチェックする (この状況になるのは、リ ... ンク時にスラッシュを含むライブラリのパス名が指定された場合である)。スラ ... そのライブラリはロードされる。 ライブラリの依存関係にスラッシュが含まれない場合、以下の順序で検索される。 o (ELF の ... set-user-ID/set-group-ID された ELF バイナリでは、スラッシュを含んだパス名のライブラリは無視され、標準の検索ディ ...
https://man.plustar.jp/manpage/man8/ld-linux.8.html - [similar]
Man page of LD.SO 6861
LD.SO Section: Linux Programmer's Manual (8) Updated: 2014-12-31 Index JM Home Page 名前 ld.so, ... する際、動的リンカーは、最初に、依存関係の各文字列がスラッシュを含んでいるかをチェックする (この状況になるのは、リ ... ンク時にスラッシュを含むライブラリのパス名が指定された場合である)。スラ ... そのライブラリはロードされる。 ライブラリの依存関係にスラッシュが含まれない場合、以下の順序で検索される。 o (ELF の ... set-user-ID/set-group-ID された ELF バイナリでは、スラッシュを含んだパス名のライブラリは無視され、標準の検索ディ ...
https://man.plustar.jp/manpage/man8/ld-linux.so.8.html - [similar]
Man page of VIS 6801
VIS Section: C Library Functions (3) Index JM Home Page BSD mandoc Linux NetKit (0.17) 名前 vis ... 準的な非表示文字を表現するために、 C 言語形式のバックスラッシュシーケンスを使う。 このような文字を表すために以下のシ ... ラグ VIS_NOSLASH がある。 このフラグは、2 つのバックスラッシュと デフォルトフォーマットで前におかれるバックスラッシ ...
https://man.plustar.jp/manpage/man3/vis.3.html - [similar]
Man page of MKTEMP 6403
MKTEMP Section: ユーザーコマンド (1) Updated: 2016年2月 Index JM Home Page 名前 mktemp - 一時ファ ... suffix = SUFF TEMPLATE に SUFF を追加する。 SUFF にスラッシュ (/) が含まれては いけない。 TEMPLATE の最後に X が ... パスであってはならない。 -t と異なり、 TEMPLATE にはスラッシュ (/) を含めることができるが、 mktemp は最後の要素の ...
https://man.plustar.jp/manpage/man1/mktemp.1.html - [similar]
Man page of ALIASES 6403
ALIASES Section: File Formats (5) Updated: %Date: 2000/12/14 23:08:15 % Index JM Home Page 名称 ... 必要です。 ローカルファイル名 /path/name フルパス名 (スラッシュ (/) で開始) で指定されたファイルに、 メッセージが追 ... 続行です。 行を続ける別の方法として、改行の前にバックスラッシュを置く方法があります。 # ではじまる行はコメントです。 ...
https://man.plustar.jp/manpage/man5/aliases.5.html - [similar]
Man page of bc 6331
bc Section: User Commands (1) Updated: . Index JM Home Page 名称 bc - 任意精度の計算言語 書式 bc ... 文法エラーになります。 改行は文の区切りですが、バックスラッシュを用いて改行を隠すことができます。 bc にとって、"\<n ... が、特殊文字を含めることができます。 特殊文字はバックスラッシュ (\) で始まります。 bc で使える特殊文字は、 "a" (ベ ... (復帰)、"q" (二重引用符)、 "t" (タブ)、"\" (バックスラッシュ) です。 これ以外は無視されます。 { statement_list ... の文字数を整数で指定します。 数字が長過ぎると、バックスラッシュと改行を含めた出力となります。 診断 コマンドラインで ...
https://man.plustar.jp/manpage/man1/bc.1.html - [similar]
Man page of FIND 6331
FIND Section: User Commands (1) Index JM Home Page 名前 find - ディレクトリ階層をたどって、条件を ... rintf は文字列の末尾に改行文字を付加しない。 バックスラッシュ・エスケープシーケンスと書式指定子は以下のとおりであ ... 平タブ。 \v 垂直タブ。 \0 ASCII NUL 文字。 \\ バックスラッシュ文字そのもの (`\')。 \NNN ASCII コードが NNN (8 進数 ... ) の文字。 バックスラッシュ文字 `\' に上記以外の文字が続く場合、`\' は 普通の文 ... 分 (すなわち、 最後の要素以外のすべて)。ファイル名にスラッシュが一つも含まれない場合は (ファイルがカレントディレク ...
https://man.plustar.jp/manpage/man1/find.1.html - [similar]
PREV 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 NEXT

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 19:18:47 GMT, August 02, 2017