イメージとコンテナを学ぶ

Docker Engine は Docker の中心となる技術を提供します。これはイメージとコンテナを扱う技術です。先ほどのステップでインストールを終えていますので、 dockerrunhello-world コマンドを実行できます。このコマンドを1つ実行するだけで、Engine を使う上で中心となるタスクをこなします。コマンドは3つのパーツに分かれています。

docker run hello-world

コンテナを基礎まで剥がしていくと、そこには Linux オペレーティング・システムがあります。イメージとはコンテナ内に積み込むソフトウェアです。コマンドを実行すると、Engine のソフトウェアは次の処理をしました。

  • hello-world ソフトウェアのイメージを持っているかどうか確認。
  • Docker Hub (詳しくは後述)からイメージをダウンロード。
  • コンテナにイメージを載せて(読み込んで)「実行」する。

イメージが何を実行するかは、イメージがどのように構築されたかに依ります。このイメージは Hello-World を表示する単純なコマンドを持ちます。

Docker イメージ次第で様々な処理ができます。データベースのような複雑なソフトウェアでも、イメージを使って実行できます。あなた(もしくは誰かが)データを追加するのに待つ必要はなく、保管したデータを使えます。さらに、次の人もすぐに使えるのです。

さて、hello-world ソフトウェアのイメージは、誰が作ったのでしょうか。このイメージは Docker が作りましたが、イメージそのものは誰でも作れます。Docker Engine は人々(あるいは会社)が作成したソフトウェアを、 Docker イメージを通して共有できるようにします。 Docker イメージ内のソフトウェアをどのコンピュータで実行すべきか、Docker Engine を使えば迷う必要がありません。なぜなら Docker コンテナをどこでも実行できるからです。

次は何をしますか

ご覧の通り、迅速だとは思いませんか。これで Docker を使って面白いことをする準備が整いました。次の whalesay イメージの検索と実行 に進みましょう。

参考

Learn about images & containers
https://docs.docker.com/mac/step_two/