CERF

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-08-19
IndexJM Home Page
 

名前

cerf, cerff, cerfl, cerfc, cerfcf, cerfcl - 複素数の誤差関数 

書式

#include <complex.h>

double complex cerf(double complex z);
float complex cerff(float complex z);
long double complex cerfl(long double complex z);

double complex cerfc(double complex z);
float complex cerfcf(float complex z);
long double complex cerfcl(long double complex z);

-lm でリンクする。 

説明

(未実装の) cerf() 関数は誤差関数の複素数版であり、 erf(z) = 2/sqrt(pi) * exp(-t*t) dt の 0 から z までの積分 で定義されている。 cerfc() 関数の定義は cerfc(z) = 1-cerf(z) である。 

準拠

関数名は C99 で今後使用するために予約されている。 

可用性

バージョン 2.19 時点では、glibc にはまだ実装されていない。 

関連項目

erf(3), complex(7) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttp://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

complex,CERF,cerf,float,cerfc,long,pages,複素数,プロジェクト,可用性 

Index

名前
書式
説明
準拠
可用性
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 20:43:04 GMT, August 08, 2017