関数の索引

シンボル | A | B | C | D | E | F | G | H | I | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y

シンボル

[索引の先頭]

%

セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

A

[索引の先頭]

ABS()

セクション24.3「MySQL への新しい関数の追加」
セクション13.7.3.1「ユーザー定義関数のための CREATE FUNCTION 構文」
セクション12.6.2「数学関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

ACOS()

セクション12.6.2「数学関数」

add()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

ADDDATE()

セクション12.7「日付および時間関数」

addslashes()

セクション6.1.7「クライアントプログラミングのセキュリティーガイドライン」

ADDTIME()

セクション12.7「日付および時間関数」

AES_DECRYPT()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

AES_ENCRYPT()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

Area()

セクション12.15.7.6「MultiPolygon プロパティー関数」
セクション12.15.7.5「Polygon プロパティー関数」
セクション12.15.7「幾何プロパティー関数」

AsBinary()

セクション12.15.6「幾何形式変換関数」
セクション11.5.3.4「空間データのフェッチ」

ASCII()

セクション13.8.3「HELP 構文」
セクション12.5「文字列関数」

ASIN()

セクション12.6.2「数学関数」

AsText()

セクション12.15.6「幾何形式変換関数」
セクション11.5.3.4「空間データのフェッチ」

AsWKB()

セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

AsWKT()

セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

ASYMMETRIC_DECRYPT()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

ASYMMETRIC_DERIVE()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

ASYMMETRIC_ENCRYPT()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

ASYMMETRIC_SIGN()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

ASYMMETRIC_VERIFY()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

ATAN()

セクション12.6.2「数学関数」

ATAN2()

セクション12.6.2「数学関数」

AVG()

セクション11.4.4「ENUM 型」
セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクション11.4.5「SET 型」
セクション8.2.1.16.1「ルースインデックススキャン」
セクション11.1.2「日付と時間型の概要」

B

[索引の先頭]

BENCHMARK()

セクション13.2.10.8「FROM 句内のサブクエリー」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション13.2.10.10「サブクエリーの最適化」
セクション8.12.1「式と関数の速度の測定」
セクション12.14「情報関数」

BIN()

セクション9.1.6「ビットフィールドリテラル」
セクション12.5「文字列関数」

BIT_AND()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

BIT_COUNT()

セクション12.12「ビット関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

BIT_LENGTH()

セクション12.5「文字列関数」

BIT_OR()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

BIT_XOR()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

Buffer()

セクション12.15.8「空間演算子関数」

C

[索引の先頭]

CAST()

セクション9.1.4「16 進数リテラル」
セクション10.1.7.7「BINARY 演算子」
セクション10.1.9.2「CONVERT() と CAST()」
セクション11.3.1「DATE、DATETIME、および TIMESTAMP 型」
セクション1.7.2「MySQL と標準 SQL との違い」
セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション9.1.6「ビットフィールドリテラル」
セクション9.4「ユーザー定義変数」
セクション12.2「式評価での型変換」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3.7「日付と時間型間での変換」
セクション12.3.2「比較関数と演算子」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

CEIL()

セクション12.6.2「数学関数」

CEILING()

セクション19.2.4.1「LINEAR HASH パーティショニング」
セクション12.6.2「数学関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

Centroid()

セクション12.15.7.6「MultiPolygon プロパティー関数」

CHAR()

セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション12.5「文字列関数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

CHAR_LENGTH()

セクション10.1.14.1「Unicode 文字セット」
セクション12.5「文字列関数」

CHARACTER_LENGTH()

セクション12.5「文字列関数」

CHARSET()

セクション12.14「情報関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

COALESCE()

セクション13.2.9.2「JOIN 構文」
セクション12.3.2「比較関数と演算子」

COERCIBILITY()

セクション10.1.7.5「式の照合順序」
セクション12.14「情報関数」

COLLATION()

セクション12.14「情報関数」
セクションB.5.5.1「文字列検索での大文字/小文字の区別」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

COMPRESS()

セクション2.9.4「MySQL ソース構成オプション」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

CONCAT()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション21.28「INFORMATION_SCHEMA VIEWS テーブル」
セクション13.7.5.14「SHOW CREATE VIEW 構文」
セクション12.11「XML 関数」
セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション5.1.7「サーバー SQL モード」
セクション13.7.3.1「ユーザー定義関数のための CREATE FUNCTION 構文」
セクション10.1.7.5「式の照合順序」
セクション12.2「式評価での型変換」
セクション10.1.8「文字列のレパートリー」
セクション12.5「文字列関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

CONCAT_WS()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション12.5「文字列関数」

CONNECTION_ID()

セクション13.7.6.4「KILL 構文」
セクション13.7.5.30「SHOW PROCESSLIST 構文」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション22.9.10.3「スレッドテーブル」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.14「情報関数」
セクション6.3.12.3「監査ログファイル」

Contains()

セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」
セクション12.15.9「幾何オブジェクト間の空間関係をテストする関数」
セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

CONV()

セクション12.6.2「数学関数」
セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

CONVERT()

セクション10.1.9.2「CONVERT() と CAST()」
セクションA.11「MySQL 5.6 FAQ: MySQL の中国語、日本語、および韓国語の文字セット」
セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション10.1.3.5「文字列リテラルの文字セットおよび照合順序」
セクション12.3.2「比較関数と演算子」

CONVERT_TZ()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション13.3.5.3「テーブルロックの制限と条件」
セクション17.4.1.30「レプリケーションとタイムゾーン」
セクション12.7「日付および時間関数」

COS()

セクション12.6.2「数学関数」

COT()

セクション12.6.2「数学関数」

COUNT()

セクション8.8.2「EXPLAIN 出力フォーマット」
セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション8.4.4「MySQL が内部一時テーブルを使用する仕組み」
セクション8.2.1.2「MySQL の WHERE 句の最適化の方法」
セクション19.1「MySQL のパーティショニングの概要」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクションB.5.5.3「NULL 値に関する問題」
セクション5.1.7「サーバー SQL モード」
セクション20.5.2「ビュー処理アルゴリズム」
セクション13.7.3.1「ユーザー定義関数のための CREATE FUNCTION 構文」
セクション8.2.1.16.1「ルースインデックススキャン」
セクション20.5.3「更新可能および挿入可能なビュー」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション3.3.4.8「行のカウント」

CRC32()

セクション12.6.2「数学関数」

CREATE_ASYMMETRIC_PRIV_KEY()

セクション12.17.2「Enterprise Encryption の使用法と例」
セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

CREATE_ASYMMETRIC_PUB_KEY()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

CREATE_DH_PARAMETERS()

セクション12.17.2「Enterprise Encryption の使用法と例」
セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

CREATE_DIGEST()

セクション12.17.4「Enterprise Encryption 関数の説明」

Crosses()

セクション12.15.9「幾何オブジェクト間の空間関係をテストする関数」
セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

crypt()

セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

CURDATE()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション3.3.4.5「日付の計算」

CURRENT_DATE

セクション13.1.17「CREATE TABLE 構文」
セクション11.6「データ型デフォルト値」
セクション12.7「日付および時間関数」

CURRENT_DATE()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3.7「日付と時間型間での変換」

CURRENT_TIME

セクション12.7「日付および時間関数」

CURRENT_TIME()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」

CURRENT_TIMESTAMP

セクション13.1.11「CREATE EVENT 構文」
セクション13.1.17「CREATE TABLE 構文」
セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション11.6「データ型デフォルト値」
セクション12.7「日付および時間関数」

CURRENT_TIMESTAMP()

セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」

CURRENT_USER

セクション13.1.11「CREATE EVENT 構文」
セクション13.1.15「CREATE PROCEDURE および CREATE FUNCTION 構文」
セクション13.1.19「CREATE TRIGGER 構文」
セクション13.1.20「CREATE VIEW 構文」
セクション17.4.1.7「CURRENT_USER() のレプリケーション」
セクション6.2.3「アカウント名の指定」
セクション20.6「ストアドプログラムおよびビューのアクセスコントロール」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション12.14「情報関数」
セクション6.2.2「権限システム付与テーブル」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」

CURRENT_USER()

セクション13.1.11「CREATE EVENT 構文」
セクション13.1.15「CREATE PROCEDURE および CREATE FUNCTION 構文」
セクション13.1.19「CREATE TRIGGER 構文」
セクション13.1.20「CREATE VIEW 構文」
セクション17.4.1.7「CURRENT_USER() のレプリケーション」
セクション13.7.1.7「SET PASSWORD 構文」
セクション6.3.13「SQL ベースの MySQL アカウントアクティビティーの監査」
セクション6.2.3「アカウント名の指定」
セクション6.2.4「アクセス制御、ステージ 1: 接続の検証」
セクション24.2.4.9.1「サーバー側認証プラグインの作成」
セクション6.3.9「プロキシユーザー」
セクション10.1.12「メタデータ用の UTF-8」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション12.14「情報関数」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」
セクション24.2.4.9.4「認証プラグインでのプロキシユーザーサポートの実装」

CURTIME()

セクション10.6「MySQL Server でのタイムゾーンのサポート」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.13「レプリケーションと小数秒サポート」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3.6「時間値での小数秒」

D

[索引の先頭]

DATABASE()

セクション13.1.21「DROP DATABASE 構文」
セクションB.5.8「MySQL の既知の問題」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション3.4「データベースとテーブルに関する情報の取得」
セクション3.3.1「データベースの作成と選択」
セクション17.1.4.4「バイナリログのオプションと変数」
セクション10.1.12「メタデータ用の UTF-8」
セクション12.14「情報関数」

DATE()

セクション12.7「日付および時間関数」

DATE_ADD()

セクション13.1.11「CREATE EVENT 構文」
セクション9.5「式の構文」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3「日付と時間型」
セクション3.3.4.5「日付の計算」
セクション12.6.1「算術演算子」

DATE_FORMAT()

セクション23.7.18「C API プリペアドステートメントの問題」
セクション10.7「MySQL Server のロケールサポート」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.7「日付および時間関数」

DATE_SUB()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3「日付と時間型」

DATEDIFF()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

DAY()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

DAYNAME()

セクション10.7「MySQL Server のロケールサポート」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.7「日付および時間関数」

DAYOFMONTH()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション3.3.4.5「日付の計算」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

DAYOFWEEK()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

DAYOFYEAR()

セクション19.2「パーティショニングタイプ」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

DECODE()

セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

decr()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

DEFAULT()

セクション13.2.5「INSERT 構文」
セクション13.2.8「REPLACE 構文」
セクション12.18「その他の関数」
セクション11.6「データ型デフォルト値」

DEGREES()

セクション12.6.2「数学関数」

delete()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

DES_DECRYPT()

セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

DES_ENCRYPT()

セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

Dimension()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」

Disjoint()

セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

E

[索引の先頭]

ELT()

セクションB.5.8「MySQL の既知の問題」
セクション12.5「文字列関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

ENCODE()

セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

ENCRYPT()

セクション1.8.1「MySQL への貢献者」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション6.3.1「ユーザー名とパスワード」
セクションD.7「文字セットの制約」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

EndPoint()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」
セクション12.15.7.4「MultiLineString プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

Envelope()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

Equals()

セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

EXP()

セクション12.6.2「数学関数」

EXPORT_SET()

セクション12.5「文字列関数」

expr IN ()

セクション12.3.2「比較関数と演算子」

expr NOT IN ()

セクション12.3.2「比較関数と演算子」

ExteriorRing()

セクション12.15.7.5「Polygon プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

EXTRACT()

セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

ExtractValue()

セクション12.11「XML 関数」

F

[索引の先頭]

FIELD()

セクション12.5「文字列関数」

FIND_IN_SET()

セクション11.4.5「SET 型」
セクション12.5「文字列関数」

FLOOR()

セクション12.6.2「数学関数」
セクション12.6.1「算術演算子」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

flush_all

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

FORMAT()

セクション10.7「MySQL Server のロケールサポート」
セクション12.18「その他の関数」
セクション12.6.2「数学関数」
セクション12.5「文字列関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

FOUND_ROWS()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション12.14「情報関数」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」

FROM_BASE64()

セクション12.5「文字列関数」

FROM_DAYS()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

FROM_UNIXTIME()

セクション1.8.1「MySQL への貢献者」
セクション17.4.1.30「レプリケーションとタイムゾーン」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション6.3.12.4「監査ログプラグインのロギング制御」

G

[索引の先頭]

GeomCollFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

GeomCollFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

GeometryCollection()

セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

GeometryCollectionFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

GeometryCollectionFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

GeometryFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

GeometryFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

GeometryN()

セクション12.15.7.7「GeometryCollection プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

GeometryType()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」

GeomFromText

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」

GeomFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」
セクション12.15.6「幾何形式変換関数」
セクション11.5.3.3「空間カラムへのデータ移入」

GeomFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」
セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

get()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

GET_FORMAT()

セクション10.7「MySQL Server のロケールサポート」
セクション12.7「日付および時間関数」

GET_LOCK()

セクション13.1.11「CREATE EVENT 構文」
セクション13.7.6.4「KILL 構文」
セクション23.7.7.3「mysql_change_user()」
セクション12.18「その他の関数」
セクション20.4.1「イベントスケジューラの概要」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション13.3.5.3「テーブルロックの制限と条件」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション8.12.5.2「一般的なスレッドの状態」
セクション23.7.16「自動再接続動作の制御」

gethostbyaddr()

セクション8.11.5.2「DNS ルックアップの最適化とホストキャッシュ」

gethostbyaddr_r()

セクション8.11.5.2「DNS ルックアップの最適化とホストキャッシュ」

gethostbyname()

セクション8.11.5.2「DNS ルックアップの最適化とホストキャッシュ」

gethostbyname_r()

セクション8.11.5.2「DNS ルックアップの最適化とホストキャッシュ」

getrusage()

セクション18.5.10.23「ndbinfo threadstat テーブル」

gettimeofday()

セクション18.5.10.23「ndbinfo threadstat テーブル」

GLength()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」
セクション12.15.7.4「MultiLineString プロパティー関数」
セクション12.5「文字列関数」
セクション11.5「空間データの拡張」

GREATEST()

セクション12.3.2「比較関数と演算子」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

GROUP_CONCAT()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション8.4.4「MySQL が内部一時テーブルを使用する仕組み」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクションB.5.8「MySQL の既知の問題」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

GTID_SUBSET()

セクション17.1.3.1「GTID の概念」
セクション12.16「グローバルトランザクション ID とともに使用される関数」

GTID_SUBTRACT()

セクション17.1.3.1「GTID の概念」
セクション12.16「グローバルトランザクション ID とともに使用される関数」
セクション17.1.4.5「グローバルトランザクション ID のオプションと変数」

H

[索引の先頭]

HEX()

セクション9.1.4「16 進数リテラル」
セクションA.11「MySQL 5.6 FAQ: MySQL の中国語、日本語、および韓国語の文字セット」
セクション12.18「その他の関数」
セクション12.6.2「数学関数」
セクション10.1.3.5「文字列リテラルの文字セットおよび照合順序」
セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

HOUR()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

I

[索引の先頭]

IF()

セクション13.6.5.2「IF 構文」
セクション14.14.3「InnoDB INFORMATION_SCHEMA システムテーブル」
セクションB.5.8「MySQL の既知の問題」
セクション12.4「制御フロー関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

IFNULL()

セクションB.5.5.3「NULL 値に関する問題」
セクション12.4「制御フロー関数」

IN

セクション12.3.1「演算子の優先順位」

IN()

セクション8.8.2「EXPLAIN 出力フォーマット」
セクションD.4「サブクエリーの制約」
セクション8.2.1.3.1「シングルパートインデックスの range アクセスメソッド」
セクション12.2「式評価での型変換」

incr()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

INET6_ATON()

セクション5.1.9「IPv6 サポート」
セクション12.18「その他の関数」

INET6_NTOA()

セクション5.1.9「IPv6 サポート」
セクション12.18「その他の関数」

INET_ATON()

セクション5.1.9「IPv6 サポート」
セクション12.18「その他の関数」

INET_NTOA()

セクション5.1.9「IPv6 サポート」
セクション12.18「その他の関数」

INSERT()

セクション12.5「文字列関数」

INSTR()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

InteriorRingN()

セクション12.15.7.5「Polygon プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

Intersects()

セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

INTERVAL()

セクション12.3.2「比較関数と演算子」

IS_FREE_LOCK()

セクション12.18「その他の関数」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」

IS_IPV4()

セクション12.18「その他の関数」

IS_IPV4_COMPAT()

セクション12.18「その他の関数」

IS_IPV4_MAPPED()

セクション12.18「その他の関数」

IS_IPV6()

セクション12.18「その他の関数」

IS_USED_LOCK()

セクション12.18「その他の関数」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」

IsClosed()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」
セクション12.15.7.4「MultiLineString プロパティー関数」

IsEmpty()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」
セクション12.15.9「幾何オブジェクト間の空間関係をテストする関数」

ISNULL()

セクション12.3.2「比較関数と演算子」

IsSimple()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」

L

[索引の先頭]

LAST_DAY()

セクション12.7「日付および時間関数」

LAST_INSERT_ID()

セクション3.6.9「AUTO_INCREMENT の使用」
セクション13.1.17「CREATE TABLE 構文」
セクション13.2.5.3「INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE 構文」
セクション13.2.5.2「INSERT DELAYED 構文」
セクション13.2.5「INSERT 構文」
セクション23.7.7.37「mysql_insert_id()」
セクション23.7.11.16「mysql_stmt_insert_id()」
セクション4.6.8.1「mysqlbinlog 16 進ダンプ形式」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション20.2.4「ストアドプロシージャー、関数、トリガー、および LAST_INSERT_ID()」
セクション13.3.5.3「テーブルロックの制限と条件」
セクション1.7.2.3「トランザクションおよびアトミック操作の違い」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.1「レプリケーションと AUTO_INCREMENT」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション17.4.4「レプリケーションのトラブルシューティング」
セクション12.14「情報関数」
セクション20.5.3「更新可能および挿入可能なビュー」
セクション23.7.15.3「最後に挿入された行の一意の ID を取得する方法」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション12.3.2「比較関数と演算子」
セクション23.7.16「自動再接続動作の制御」

LCASE()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

LEAST()

セクション12.3.2「比較関数と演算子」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

LEFT()

セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション12.5「文字列関数」

LENGTH()

セクション12.5「文字列関数」

Length()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」
セクション12.15.7.4「MultiLineString プロパティー関数」
セクション11.5「空間データの拡張」

LineFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」
セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

LineFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」
セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

LineString

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」

LineString()

セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

LineStringFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

LineStringFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

LN()

セクション12.6.2「数学関数」

LOAD_FILE()

セクション12.17.2「Enterprise Encryption の使用法と例」
セクション13.2.7「LOAD XML 構文」
セクション6.2.1「MySQL で提供される権限」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション12.5「文字列関数」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」

LOCALTIME

セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション12.7「日付および時間関数」

LOCALTIME()

セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」

LOCALTIMESTAMP

セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション12.7「日付および時間関数」

LOCALTIMESTAMP()

セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」

LOCATE()

セクション12.5「文字列関数」

LOG()

セクション19.2.4.1「LINEAR HASH パーティショニング」
セクション12.6.2「数学関数」

LOG10()

セクション12.6.2「数学関数」

LOG2()

セクション12.6.2「数学関数」

LOWER()

セクション10.1.14.1「Unicode 文字セット」
セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.7.9「照合順序と INFORMATION_SCHEMA 検索」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

LPAD()

セクション12.5「文字列関数」

LTRIM()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

M

[索引の先頭]

MAKE_SET()

セクション12.5「文字列関数」

MAKEDATE()

セクション12.7「日付および時間関数」

MAKETIME()

セクション12.7「日付および時間関数」

MASTER_POS_WAIT()

セクション13.4.2.1「CHANGE MASTER TO 構文」
セクションA.13「MySQL 5.6 FAQ: レプリケーション」
セクション12.18「その他の関数」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」

MATCH

セクション9.5「式の構文」

MATCH ()

セクション12.9「全文検索関数」

MATCH()

セクション14.2.13.3「FULLTEXT インデックス」
セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」
セクション12.9.6「MySQL の全文検索の微調整」
MySQL 用語集
セクション12.9.2「ブール全文検索」
セクション12.9.5「全文制限」
セクション12.9「全文検索関数」
セクション12.9.1「自然言語全文検索」

MAX()

セクション3.6.9「AUTO_INCREMENT の使用」
セクション8.8.2「EXPLAIN 出力フォーマット」
セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション21.31.2「INFORMATION_SCHEMA TP_THREAD_GROUP_STATE テーブル」
セクション12.19.3「MySQL での GROUP BY の処理」
セクション8.3.1「MySQL のインデックスの使用の仕組み」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクションB.5.8「MySQL の既知の問題」
セクション8.2.1.7「インデックス拡張の使用」
セクション13.2.10.10「サブクエリーの最適化」
セクション5.1.7「サーバー SQL モード」
セクション20.5.2「ビュー処理アルゴリズム」
セクション8.2.1.16.1「ルースインデックススキャン」
セクション11.1.1「数値型の概要」
セクション11.3.8「日付での 2 桁の年」
セクション20.5.3「更新可能および挿入可能なビュー」

MBRContains()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」
セクション11.5.3.7「空間インデックスの使用」

MBRDisjoint()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」

MBREqual()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」

MBRIntersects()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」

MBROverlaps()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」

MBRTouches()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」

MBRWithin()

セクション12.15.9.3「最小外接矩形 (MBR) を使用する MySQL 固有の空間関係関数」
セクション11.5.3.7「空間インデックスの使用」

MD5()

セクション19.2.5「KEY パーティショニング」
セクション6.1.2.5「MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響」
セクション9.2「スキーマオブジェクト名」
セクション6.1.1「セキュリティーガイドライン」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

MICROSECOND()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

MID()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

MIN()

セクション23.7.18「C API プリペアドステートメントの問題」
セクション8.8.2「EXPLAIN 出力フォーマット」
セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション12.19.3「MySQL での GROUP BY の処理」
セクション8.2.1.2「MySQL の WHERE 句の最適化の方法」
セクション8.3.1「MySQL のインデックスの使用の仕組み」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクションB.5.8「MySQL の既知の問題」
セクションB.5.5.3「NULL 値に関する問題」
セクション8.2.1.7「インデックス拡張の使用」
セクション13.2.10.10「サブクエリーの最適化」
セクション20.5.2「ビュー処理アルゴリズム」
セクション8.2.1.16.1「ルースインデックススキャン」
セクション11.1.1「数値型の概要」
セクション11.3.8「日付での 2 桁の年」
セクション20.5.3「更新可能および挿入可能なビュー」

MINUTE()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

MLineFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

MLineFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

MOD()

セクション5.1.7「サーバー SQL モード」
セクション12.6.2「数学関数」
セクション3.3.4.5「日付の計算」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション12.6.1「算術演算子」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

MONTH()

セクション19.2「パーティショニングタイプ」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション3.3.4.5「日付の計算」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

MONTHNAME()

セクション10.7「MySQL Server のロケールサポート」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.7「日付および時間関数」

MPointFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

MPointFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

MPolyFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

MPolyFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

MultiLineString()

セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

MultiLineStringFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

MultiLineStringFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

MultiPoint()

セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

MultiPointFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

MultiPointFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

MultiPolygon()

セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

MultiPolygonFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

MultiPolygonFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

my_open()

セクション5.1.6「サーバーステータス変数」

N

[索引の先頭]

NAME_CONST()

セクション12.18「その他の関数」
セクション20.7「ストアドプログラムのバイナリロギング」

NOW()

セクション13.1.15「CREATE PROCEDURE および CREATE FUNCTION 構文」
セクション13.1.17「CREATE TABLE 構文」
セクションA.1「MySQL 5.6 FAQ: 全般」
セクション10.6「MySQL Server でのタイムゾーンのサポート」
セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」
セクション11.3.3「YEAR 型」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション10.6.2「タイムゾーンのうるう秒のサポート」
セクション11.6「データ型デフォルト値」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション17.4.1.30「レプリケーションとタイムゾーン」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3.6「時間値での小数秒」

NULLIF()

セクション12.4「制御フロー関数」

NumGeometries()

セクション12.15.7.7「GeometryCollection プロパティー関数」

NumInteriorRings()

セクション12.15.7.5「Polygon プロパティー関数」

NumPoints()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」

O

[索引の先頭]

OCT()

セクション12.5「文字列関数」

OCTET_LENGTH()

セクション12.5「文字列関数」

OLD_PASSWORD()

セクション13.7.1.2「CREATE USER 構文」
セクション6.1.2.5「MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響」
セクション2.11.1.3「MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード」
セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」
セクション6.1.2.4「MySQL でのパスワードハッシュ」
セクション13.7.1.7「SET PASSWORD 構文」
セクションB.5.2.4「クライアントは認証プロトコルに対応できません」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション24.2.3.8「パスワード検証プラグイン」
セクション6.1.2.6「パスワード検証プラグイン」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

ORD()

セクション12.5「文字列関数」

Overlaps()

セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

P

[索引の先頭]

PASSWORD ()

セクション6.3.8.4「SHA-256 認証プラグイン」

PASSWORD()

セクション13.7.1.2「CREATE USER 構文」
セクション19.2.5「KEY パーティショニング」
セクション6.1.2.5「MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響」
セクション2.11.1.3「MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード」
セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」
セクション6.1.2.4「MySQL でのパスワードハッシュ」
セクション13.7.1.7「SET PASSWORD 構文」
セクション6.3.8.4「SHA-256 認証プラグイン」
セクション6.3.5「アカウントパスワードの割り当て」
セクション6.2.4「アクセス制御、ステージ 1: 接続の検証」
セクション6.2.7「アクセス拒否エラーの原因」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション6.1.2.3「パスワードおよびロギング」
セクション24.2.3.8「パスワード検証プラグイン」
セクション6.1.2.6「パスワード検証プラグイン」
セクションB.5.2.15「ユーザーを無視します」
セクション6.3.2「ユーザーアカウントの追加」
セクション6.3.1「ユーザー名とパスワード」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」
セクション2.10.2「最初の MySQL アカウントのセキュリティー設定」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

PERIOD_ADD()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

PERIOD_DIFF()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

PI()

セクション12.6.2「数学関数」
セクション9.2.4「関数名の構文解析と解決」

Point()

セクション11.5.3.1.1「WKT (Well-Known Text) 形式」
セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

PointFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」
セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

PointFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」
セクション12.15.6「幾何形式変換関数」

PointN()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

PolyFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

PolyFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

Polygon()

セクション12.15.5「幾何値を作成する MySQL 固有の関数」

PolygonFromText()

セクション12.15.3「WKT 値から幾何値を作成する関数」

PolygonFromWKB()

セクション12.15.4「WKB 値から幾何値を作成する関数」

POSITION()

セクション12.5「文字列関数」

POW()

セクション19.2.4「HASH パーティショニング」
セクション12.6.2「数学関数」

POWER()

セクション19.2.4.1「LINEAR HASH パーティショニング」
セクション12.6.2「数学関数」

pthread_mutex()

セクション1.8.1「MySQL への貢献者」

Q

[索引の先頭]

QUARTER()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

QUOTE()

セクション23.7.7.54「mysql_real_escape_string()」
セクション9.1.1「文字列リテラル」
セクション12.5「文字列関数」

R

[索引の先頭]

RADIANS()

セクション12.6.2「数学関数」

RAND()

セクション13.1.15「CREATE PROCEDURE および CREATE FUNCTION 構文」
セクション4.6.8.1「mysqlbinlog 16 進ダンプ形式」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション12.6.2「数学関数」

RANDOM_BYTES()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

RELEASE_LOCK()

セクション13.2.3「DO 構文」
セクション12.18「その他の関数」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション13.3.5.3「テーブルロックの制限と条件」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」

REPEAT()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

REPLACE()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

replace()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

REVERSE()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

RIGHT()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

ROUND()

セクション14.14.3「InnoDB INFORMATION_SCHEMA システムテーブル」
セクション12.20.4「丸め動作」
セクション12.6.2「数学関数」
セクション12.20「高精度計算」
セクション12.20.5「高精度計算の例」

ROW_COUNT()

セクション13.2.1「CALL 構文」
セクション13.2.2「DELETE 構文」
セクション13.2.5「INSERT 構文」
セクション23.7.7.1「mysql_affected_rows()」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション12.14「情報関数」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」
セクション13.6.7.7.2「診断領域の情報項目」

RPAD()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

RTRIM()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

S

[索引の先頭]

SCHEMA()

セクション12.14「情報関数」

SEC_TO_TIME()

セクション12.7「日付および時間関数」

SECOND()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

SESSION_USER()

セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション10.1.12「メタデータ用の UTF-8」
セクション12.14「情報関数」

set()

セクション16.6.3.1「memcached の基本操作」

setrlimit()

セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」

SHA()

セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

SHA1()

セクション6.1.2.5「MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響」
セクション6.1.1「セキュリティーガイドライン」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

SHA2()

セクション6.1.2.5「MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響」
セクション6.1.1「セキュリティーガイドライン」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

SIGN()

セクション12.6.2「数学関数」

SIN()

セクション24.3.2.3「UDF 引数の処理」
セクション12.6.2「数学関数」

SLEEP()

セクション21.31.3「INFORMATION_SCHEMA TP_THREAD_GROUP_STATS テーブル」
セクション12.18「その他の関数」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1「レプリケーションの機能と問題」
セクション8.12.5.2「一般的なスレッドの状態」

SOUNDEX()

セクション24.3「MySQL への新しい関数の追加」
セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

SPACE()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

SQL_THREAD_WAIT_AFTER_GTIDS()

セクション12.16「グローバルトランザクション ID とともに使用される関数」

SQRT()

セクション12.6.2「数学関数」

SRID()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」

ST_Area()

セクション12.15.7.6「MultiPolygon プロパティー関数」
セクション12.15.7.5「Polygon プロパティー関数」

ST_Centroid()

セクション12.15.7.6「MultiPolygon プロパティー関数」

ST_Contains()

セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」
セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」
セクション12.15.9「幾何オブジェクト間の空間関係をテストする関数」

ST_Crosses()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

ST_Difference()

セクション12.15.8「空間演算子関数」

ST_Disjoint()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

ST_Distance()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」
セクション12.15.9「幾何オブジェクト間の空間関係をテストする関数」

ST_Envelope()

セクション12.15.7.1「一般的な幾何プロパティー関数」

ST_Equals()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

ST_Intersection()

セクション12.15.8「空間演算子関数」

ST_Intersects()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

ST_Overlaps()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

ST_SymDifference()

セクション12.15.8「空間演算子関数」

ST_Touches()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

ST_Union()

セクション12.15.8「空間演算子関数」

ST_Within()

セクション12.15.9.1「オブジェクト形状を使用する空間関係関数」

StartPoint()

セクション12.15.7.3「LineString プロパティー関数」
セクション12.15.7.4「MultiLineString プロパティー関数」
セクション12.15.8「空間演算子関数」

STD()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」

STDDEV()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」

STDDEV_POP()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」

STDDEV_SAMP()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」

STR_TO_DATE()

セクション10.7「MySQL Server のロケールサポート」
セクション12.7「日付および時間関数」

STRCMP()

セクションB.5.5.2「DATE カラムの使用に関する問題」
セクション12.5.1「文字列比較関数」

SUBDATE()

セクション12.7「日付および時間関数」

SUBSTR()

セクション12.5「文字列関数」

SUBSTRING()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

SUBSTRING_INDEX()

セクション6.3.13「SQL ベースの MySQL アカウントアクティビティーの監査」
セクション12.5「文字列関数」

SUBTIME()

セクション12.7「日付および時間関数」

SUM()

セクション11.4.4「ENUM 型」
セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」
セクション19.1「MySQL のパーティショニングの概要」
セクション1.3.2「MySQL の主な機能」
セクションB.5.5.3「NULL 値に関する問題」
セクション11.4.5「SET 型」
セクション20.5.2「ビュー処理アルゴリズム」
セクション8.2.1.16.1「ルースインデックススキャン」
セクション24.3.2「新しいユーザー定義関数の追加」
セクション11.1.2「日付と時間型の概要」
セクション20.5.3「更新可能および挿入可能なビュー」

SYSDATE()

セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション17.4.1.13「レプリケーションと小数秒サポート」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3.6「時間値での小数秒」

SYSTEM_USER()

セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション10.1.12「メタデータ用の UTF-8」
セクション12.14「情報関数」

T

[索引の先頭]

TAN()

セクション12.6.2「数学関数」

thr_setconcurrency()

セクション5.1.4「サーバーシステム変数」

TIME()

セクション12.7「日付および時間関数」

TIME_FORMAT()

セクション12.7「日付および時間関数」

TIME_TO_SEC()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

TIMEDIFF()

セクション12.7「日付および時間関数」

TIMESTAMP()

セクション12.7「日付および時間関数」

TIMESTAMPADD()

セクション12.7「日付および時間関数」

TIMESTAMPDIFF()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション3.3.4.5「日付の計算」

TO_BASE64()

セクション12.5「文字列関数」

TO_DAYS()

セクション19.2.4「HASH パーティショニング」
セクション19.2「パーティショニングタイプ」
セクション19.4「パーティションプルーニング」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

TO_SECONDS()

セクション19.2「パーティショニングタイプ」
セクション19.4「パーティションプルーニング」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

Touches()

セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

TRIM()

セクション10.1.13「カラム文字セットの変換」
セクション12.5「文字列関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

TRUNCATE()

セクション12.6.2「数学関数」

U

[索引の先頭]

UCASE()

セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

UNCOMPRESS()

セクション2.9.4「MySQL ソース構成オプション」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

UNCOMPRESSED_LENGTH()

セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

UNHEX()

セクション12.5「文字列関数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

UNIX_TIMESTAMP()

セクション19.2.1「RANGE パーティショニング」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクションB.5.4.6「タイムゾーンの問題」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

UpdateXML()

セクション12.11「XML 関数」

UPPER()

セクション10.1.14.1「Unicode 文字セット」
セクション12.10「キャスト関数と演算子」
セクション10.1.8「文字列のレパートリー」
セクション12.5「文字列関数」
セクション10.1.7.9「照合順序と INFORMATION_SCHEMA 検索」
セクション10.1.9.1「結果文字列」

USER()

セクション6.3.13「SQL ベースの MySQL アカウントアクティビティーの監査」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション24.2.4.9.1「サーバー側認証プラグインの作成」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション6.3.9「プロキシユーザー」
セクション10.1.12「メタデータ用の UTF-8」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション10.1.7.5「式の照合順序」
セクション12.14「情報関数」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」
セクション24.2.4.9.4「認証プラグインでのプロキシユーザーサポートの実装」

UTC_DATE

セクション12.7「日付および時間関数」

UTC_DATE()

セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」

UTC_TIME

セクション12.7「日付および時間関数」

UTC_TIME()

セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション12.7「日付および時間関数」

UTC_TIMESTAMP

セクション12.7「日付および時間関数」

UTC_TIMESTAMP()

セクション10.6「MySQL Server でのタイムゾーンのサポート」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.4.1.13「レプリケーションと小数秒サポート」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション11.3.6「時間値での小数秒」

UUID()

セクション12.18「その他の関数」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション20.7「ストアドプログラムのバイナリロギング」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」
セクション17.1.4.4「バイナリログのオプションと変数」
セクション5.2.4.2「バイナリログ形式の設定」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション5.2.4.3「混合形式のバイナリロギング形式」

UUID_SHORT()

セクション12.18「その他の関数」
セクション8.9.3.1「クエリーキャッシュの動作」
セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション17.1.2.3「バイナリロギングでの安全および安全でないステートメントの判断」

V

[索引の先頭]

VALIDATE_PASSWORD_STRENGTH()

セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」
セクション24.2.3.8「パスワード検証プラグイン」
セクション6.1.2.6「パスワード検証プラグイン」
セクション6.1.2.6.2「パスワード検証プラグインのオプションおよび変数」
セクション12.13「暗号化関数と圧縮関数」

VALUES()

セクション13.2.5.3「INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE 構文」
セクション12.18「その他の関数」

VAR_POP()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」

VAR_SAMP()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」

VARIANCE()

セクション12.19.1「GROUP BY (集約) 関数」

VERSION()

セクション17.1.2.1「ステートメントベースおよび行ベースレプリケーションのメリットとデメリット」
セクション10.1.12「メタデータ用の UTF-8」
セクション17.4.1.15「レプリケーションとシステム関数」
セクション10.1.7.5「式の照合順序」
セクション12.14「情報関数」
セクションB.5.5.1「文字列検索での大文字/小文字の区別」
セクション6.3.12.3「監査ログファイル」

W

[索引の先頭]

WAIT_UNTIL_SQL_THREAD_AFTER_GTIDS()

セクション12.16「グローバルトランザクション ID とともに使用される関数」

WEEK()

セクション5.1.4「サーバーシステム変数」
セクション12.7「日付および時間関数」

WEEKDAY()

セクション19.2「パーティショニングタイプ」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション1.7.1「標準 SQL に対する MySQL 拡張機能」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

WEEKOFYEAR()

セクション12.7「日付および時間関数」

WEIGHT_STRING()

セクション10.1.14.1「Unicode 文字セット」
セクション10.4「文字セットへの照合順序の追加」
セクションB.5.5.1「文字列検索での大文字/小文字の区別」
セクション12.5「文字列関数」

Within()

セクション12.15.9.2「最小外接矩形 (MBR) を使用する空間関係関数」

X

[索引の先頭]

X()

セクション12.15.7.2「点プロパティー関数」

Y

[索引の先頭]

Y()

セクション12.15.7.2「点プロパティー関数」

YEAR()

セクション19.2.4「HASH パーティショニング」
セクション19.2.7「MySQL パーティショニングによる NULL の扱い」
セクション19.3.1「RANGE および LIST パーティションの管理」
セクション19.2.1「RANGE パーティショニング」
セクション19.2「パーティショニングタイプ」
セクション19.4「パーティションプルーニング」
セクション12.7「日付および時間関数」
セクション3.3.4.5「日付の計算」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」

YEARWEEK()

セクション12.7「日付および時間関数」
セクション19.6.3「関数に関連するパーティショニング制限」
関連キーワード:  セクション,,関数,および,MySQL,時間関数,文字列関数,バイナリロギング,幾何値,パーティショニング