CallbackFilterIterator クラス

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7, PHP 8)

はじめに

クラス概要

CallbackFilterIteratorextendsFilterIteratorimplements OuterIterator {
public__construct(Iterator$iterator, callable$callback)
publicaccept(): bool
publicabstractFilterIterator::accept(): bool
publicFilterIterator::next(): void
publicFilterIterator::valid(): bool
}

コールバックは、三つの引数を受け付けなければなりません。 それぞれ、現在のアイテム、現在のキー、そしてイテレータを表します。

例1 利用可能なコールバック引数

<?php


function my_callback($current$key$iterator) {
    
// ここにフィルタリングのコードを書きます
}

?>

任意の callable を使うことができます。 関数名を含む文字列、メソッドを表す配列、あるいは無名関数などです。

例2 コールバックの基本例

<?php

$dir 
= new FilesystemIterator(__DIR__);

// 大きなファイル ( > 100MB) をフィルタします
function is_large_file($current) {
    return 
$current->isFile() && $current->getSize() > 104857600;
}
$large_files = new CallbackFilterIterator($dir'is_large_file');

// ディレクトリをフィルタします
$files = new CallbackFilterIterator($dir, function ($current$key$iterator) {
    return 
$current->isDir() && ! $iterator->isDot();
});

?>

目次