foreach

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

foreach は、配列を反復処理するための便利な方法です。 foreach が使えるのは配列とオブジェクトだけであり、 別のデータ型や初期化前の変数に対して使うとエラーになります。 この構造には二種類の構文があります。

foreach (iterable_expression as $value) 文
foreach (iterable_expression as $key => $value) 文

最初の形式は、iterable_expression で指定した反復可能な値に 関してループ処理を行います。各反復において現在の要素の値が $valueに代入されます。

2番目の形式は、さらに各反復で現在の要素のキーを変数 $keyに代入します。

foreach は、 current()key() のような関数で使われる、内部的な配列のポインタを変更しない点に注意して下さい。

オブジェクトの反復処理をカスタマイズ することもできます。

ループの中で配列の要素を直接変更したい場合は、 $value の前に & をつけます。こうすると、変数には リファレンス が代入されることになります。

<?php
$arr 
= array(1234);
foreach (
$arr as &$value) {
    
$value $value 2;
}
// $arr は array(2, 4, 6, 8) となります
unset($value); // 最後の要素への参照を解除します
?>

警告

foreach ループを終えた後でも、 $value は配列の最後の要素を参照したままとなります。 unset() でその参照を解除しておくようにしましょう。 さもないと、次のような目に遭うことになるでしょう。

<?php
$arr 
= array(1234);
foreach (
$arr as &$value) {
    
$value $value 2;
}
// この時点で、$arr は array(2, 4, 6, 8) となります

// unset($value) しなければ、$value は今でも最後の要素 ($arr[3]) を指したままです

foreach ($arr as $key => $value) {
    
// $arr[3] が、$arr の各要素で上書きされて...
    
echo "{$key} => {$value} ";
    
print_r($arr);
}
// ...つまり、二番目から最後までの値が最後の値にコピーされていきます

// 出力
// 0 => 2 Array ( [0] => 2, [1] => 4, [2] => 6, [3] => 2 )
// 1 => 4 Array ( [0] => 2, [1] => 4, [2] => 6, [3] => 4 )
// 2 => 6 Array ( [0] => 2, [1] => 4, [2] => 6, [3] => 6 )
// 3 => 6 Array ( [0] => 2, [1] => 4, [2] => 6, [3] => 6 )
?>

配列定数の値を、参照によって反復処理させることもできます。

<?php
foreach (array(1234) as &$value) {
    
$value $value 2;
}
?>

注意:

foreach は、@ によりエラーメッセージ出力を抑制する機能をサポートしていません。

使用法を示すためにその他の例を示します。

<?php


$a = array(12317);

foreach (
$a as $v) {
    echo 
"Current value of \$a: $v.\n";
}



$a = array(12317);

$i 0

foreach ($a as $v) {
    echo 
"\$a[$i] => $v.\n";
    
$i++;
}



$a = array(
    
"one" => 1,
    
"two" => 2,
    
"three" => 3,
    
"seventeen" => 17
);

foreach (
$a as $k => $v) {
    echo 
"\$a[$k] => $v.\n";
}


$a = array();
$a[0][0] = "a";
$a[0][1] = "b";
$a[1][0] = "y";
$a[1][1] = "z";

foreach (
$a as $v1) {
    foreach (
$v1 as $v2) {
        echo 
"$v2\n";
    }
}



foreach (array(12345) as $v) {
    echo 
"$v\n";
}
?>

ネストした配列の list() による展開

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8)

配列の配列の反復処理を行うこともできます。 値として list() を渡すと、 ネストした配列をループ変数に展開できます。

例を示します。

<?php
$array 
= [
    [
12],
    [
34],
];

foreach (
$array as list($a$b)) {
    
// $a にはネストした配列の最初の要素が含まれ、
    // $b には二番目の要素が含まれます。
    
echo "A: $a; B: $b\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

A: 1; B: 2
A: 3; B: 4

list() で指定する要素数を、ネストした配列の要素数より少なくしてもかまいません。 その場合は、配列の残りの要素は無視されます。

<?php
$array 
= [
    [
12],
    [
34],
];

foreach (
$array as list($a)) {
    
// $b を指定していないことに注目。
    
echo "$a\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

1
3

list() で指定した変数を埋めるだけの要素が足りないときには、notice が発生します。

<?php
$array 
= [
    [
12],
    [
34],
];

foreach (
$array as list($a$b$c)) {
    echo 
"A: $a; B: $b; C: $c\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Notice: Undefined offset: 2 in example.php on line 7
A: 1; B: 2; C:
Notice: Undefined offset: 2 in example.php on line 7
A: 3; B: 4; C: