IntlChar::isMirrored

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::isMirroredコードポイントが Bidi_Mirrored プロパティを持つかを調べる

説明

public static IntlChar::isMirrored(mixed $codepoint): bool

コードポイントが Bidi_Mirrored プロパティを持つかを判定します。

このプロパティは、右から左に読む場合に使われ、 "左右を反転した" グリフを表示するために必要です。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

戻り値

codepoint が Bidi_Mirrored プロパティを持つ場合に true を返します。 そうでない場合に、false を返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::isMirrored("A"));
var_dump(IntlChar::isMirrored("<"));
var_dump(IntlChar::isMirrored("("));
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(false)
bool(true)
bool(true)

参考

  • IntlChar::charMirror() - コードポイントの "鏡文字" を取得する
  • IntlChar::PROPERTY_BIDI_MIRRORED

関連キーワード:  コード, ポイント, Bidi, Mirrored, IntlChar, isMirrored, codepoint, 表示, 参考, 出力