PHP Manual » MongoCursor

MongoCursor::doQuery

(PECL mongo >=0.9.0 <1.6.0)

MongoCursor::doQueryクエリを実行する

説明

protectedvoidMongoCursor::doQuery ( void )
警告

このメソッドは使わないでください。

この関数はデータベースへのクエリを実行します。すべてのクエリやコマンドは、この関数を通して実行します。 従って、この関数をオーバーライドすれば独自のクエリ処理機能を提供することができます。

この関数では、クエリのシリアライズとデータベースへの送信、 結果の受け取り、そして受け取った結果のデシリアライズを担当します。 オーバーライドしようとうするときは、おそらくは元の関数をコールして既存の機能を使うことになるでしょう (以下の例を参照ください)。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

NULL を返します。

エラー / 例外

データベースに接続できない場合に MongoConnectionException をスローします。

変更履歴

バージョン説明
1.2.11E_DEPRECATED を発行するようになりました。

例1 MongoCursor::doQuery() の例

この関数をオーバーライドすると、セカンダリに対してクエリを発行して 失敗した場合はプライマリに向けて再発行することができます。

<?php

class MyCursor extends MongoCursor {

    protected function 
doQuery() {

        
$this->slaveOkay();

        try {
            
MongoCursor::doQuery();
        }
        catch(
MongoCursorException $e) {
            
$this->slaveOkay(false);
            
MongoCursor::doQuery();
        }
    }
}

?>

関連キーワード:  MongoCursor,実行,doQuery,データベース,パラメータ,dead,explain,protected,slaveOkay,this

PHP Manual » MongoCursor