PHP Manual » MongoDB

MongoDB::getWriteConcern

(PECL mongo >=1.5.0)

MongoDB::getWriteConcernGet the write concern for this database

説明

publicarrayMongoDB::getWriteConcern ( void )

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

この関数は、書き込み確認を表す配列を返します。w の値はサーバーの台数を表す整数値かモードを表す文字列、そして wtimeout の値はサーバーが書き込み確認を待つ最大ミリ秒数です。

例1 MongoDB::getWriteConcern() return value example

<?php

$mc 
= new MongoClient('mongodb://localhost:27017', array('wTimeoutMS' => 500));
$db $mc->selectDB('test');
var_dump($db->getWriteConcern());

$db->setWriteConcern(11000);
var_dump($db->getWriteConcern());
?>

上の例の出力は以下となります。

array(2) { ["w"]=> int(1) ["wtimeout"]=> int(500)
}
array(2) { ["w"]=> int(1) ["wtimeout"]=> int(1000)
}

参考

関連キーワード:  concern,this,database,the,Get,getWriteConcern,int,array,wtimeout,パラメータ

PHP Manual » MongoDB