Phar::isValidPharFilename

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PHP 8, PECL phar >= 1.2.0)

Phar::isValidPharFilename指定したファイル名が正しい形式の phar ファイルかどうかを返す

説明

finalpublicstaticPhar::isValidPharFilename(string$filename, bool$executable = true): bool

指定したファイル名のファイルが、phar 拡張モジュールで利用できる 正しい形式の phar ファイルであるかどうかを返します。 これは、phar アーカイブを実際に開く前にそのファイルを確認する際に使用します。 これで、 無効なファイルを指定したときに当然発生するであろう例外の処理を省略することができます。

パラメータ

filename

まだ作成されていない phar アーカイブの名前あるいはフルパス。

executable

このパラメータは、指定した名前のファイルを phar の実行可能アーカイブとして扱うかデータのみの非実行可能アーカイブとして扱うかを指定します。

返り値

正しい形式のファイルである場合に true、そうでない場合に false を返します。