PHP Manual » QuickHashStringIntHash

QuickHashStringIntHash::loadFromFile

(バージョン情報なし。おそらく SVN 版にしか存在しないでしょう)

QuickHashStringIntHash::loadFromFileファイルからハッシュを作るファクトリーメソッド

説明

publicstaticQuickHashStringIntHashQuickHashStringIntHash::loadFromFile ( string$filename [, int$size = 0 [, int$options = 0 ]] )

ディスク上の定義ファイルから新しいハッシュを作るファクトリーメソッドです。 ファイルフォーマットは、まずシグネチャ 'QH\0x21\0'、 そして要素数を表す 32 ビット符号付き整数値 (システムと同じエンディアン)、 その後に、符号なし 32 ビット整数値で表した要素データの数と実際の文字が続きます。 この要素データの中にすべての文字列が含まれます。 さらに、バケツリスト数を表す符号付き 32 ビット整数値が続きます。 ヘッダーと文字列の後に、要素が続きます。 バケツリスト順に並んでおり、キーをハッシュしなくてもハッシュを復元できます。 各バケツリストに対して格納されている情報は次のとおりです (すべて 32 ビット整数値)。 バケツリストのインデックス、リスト内の要素数、要素を表す二つの 32 ビット符号なし整数値 (最初の値は文字列内でキーを含む場所を表すインデックス、 そして次がそれに対応する値)。 以下に例を示します。

例1 QuickHash StringIntHash ファイルフォーマット

00000000 51 48 21 00 02 00 00 00 09 00 00 00 40 00 00 00 |QH!.........@...|
00000010 4f 4e 45 00 4e 49 4e 45 00 07 00 00 00 01 00 00 |ONE.NINE........|
00000020 00 00 00 00 00 01 00 00 00 2f 00 00 00 01 00 00 |........./......|
00000030 00 04 00 00 00 03 00 00 00 |.........|
00000039

例2 QuickHash IntHash ファイルフォーマット

header signature ('QH'; key type: 2; value type: 1; filler: \0x00)
00000000 51 48 21 00
number of elements:
00000004 02 00 00 00
length of string values (9 characters):
00000008 09 00 00 00
number of hash bucket lists (this is configured for hashes as argument to the
constructor normally, 64 in this case):
0000000C 40 00 00 00
string values:
00000010 4f 4e 45 00 4e 49 4e 45 00
bucket lists: bucket list 1 (with key 7, and 1 element): header: 07 00 00 00 01 00 00 00 elements (key index: 0 ('ONE'), value = 0): 00 00 00 00 01 00 00 00 bucket list 2 (with key 0x2f, and 1 element): header: 2f 00 00 00 01 00 00 00 elements (key index: 4 ('NINE'), value = 3): 04 00 00 00 03 00 00 00

パラメータ

filename

ハッシュを読み込むファイルのファイル名。

size

バケツリストの数。 ここに渡した値は、直近の 2 の階乗まで切り上げられます。また、自動的に 4 から 4194304 までの範囲になります。

options

クラスのコンストラクタが受け取るのと同じオプション。 size オプションは無視されます。 サイズはハッシュのエントリをもとにして自動的に算出され、 2 の階乗の中で直近の値に切り上げられます。 最大値は 4194304 です。

返り値

新しい QuickHashStringIntHash を返します。

例3 QuickHashStringIntHash::loadFromFile() の例

<?php
$file 
dirname__FILE__ ) . "/simple.hash.string";
$hash QuickHashStringIntHash::loadFromFile(
    
$file,
    
QuickHashStringIntHash::DO_NOT_USE_ZEND_ALLOC
);
foreach( 
range00x0f ) as $key )
{
    
$i 48712 $key 1631;
    
$k base_convert$i1036 );
    echo 
$k' => '$hash->get$k ), "\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

11l4 => 48712
12uf => 50343
143q => 51974
15d1 => 53605
16mc => 55236
17vn => 56867
194y => 58498
1ae9 => 60129
1bnk => 61760
1cwv => 63391
1e66 => 65022
1ffh => 66653
1gos => 68284
1hy3 => 69915
1j7e => 71546
1kgp => 73177

関連キーワード:  QuickHashStringIntHash,ハッシュ,ファイル,key,リスト,バケツ,loadFromFile,bucket,string,size

PHP Manual » QuickHashStringIntHash