PHP Manual » Yaf

例1 標準的なアプリケーションのディレクトリ構造

- index.php
- .htaccess
+ conf |- application.ini // アプリケーションの設定
- application/ - Bootstrap.php + controllers - Index.php // デフォルトのコントローラ + views |+ index - index.phtml // デフォルトアクション用のビューテンプレート + modules - library - models - plugins 

例2 エントリ

トップディレクトリの index.php が、アプリケーションの唯一の入り口です。 index.php へのすべてのリクエストをリダイレクトしなければいけません (Apache+mod_php なら .htaccess を使えます)。

<?php
define
("APPLICATION_PATH",  dirname(__FILE__));

$app  = new Yaf_Application(APPLICATION_PATH "/conf/application.ini");
$app->bootstrap() // Bootstrap.php で定義した bootstrap メソッドを呼びます
 
->run();
?>

例3 リライトルール

# apache (.htaccess)
RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule .* index.php
# nginx
server { listen ****; server_name domain.com; root document_root; index index.php index.html index.htm; if (!-e $request_filename) { rewrite ^/(.*) /index.php/$1 last; }
}
# lighttpd
$HTTP["host"] =~ "(www.)?domain.com$" { url.rewrite = ( "^/(.+)/?$" => "/index.php/$1", )
}

例4 アプリケーションの設定

[yaf]
; APPLICATION_PATH は index.php で定義した定数
application.directory=APPLICATION_PATH "/application/"
; product セクションは yaf セクションを継承する
[product:yaf]
foo=bar

例5 デフォルトのコントローラ

<?php
class IndexController extends Yaf_Controller_Abstract {
   

   
public function indexAction() {
       
$this->_view->word "hello world";
       
// あるいは
       // $this->getView()->word = "hello world";
   
}
}
?>

例6 デフォルトのビューテンプレート

<html>
 <head>
   <title>Hello World</title>
 </head>
 <body>
   <?php echo $word;?>
 </body>
</html>

例7 アプリケーションの実行結果

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

<html> <head> <title>Hello World</title> </head> <body> hello world </body>
</html>

注意:

このサンプルは Yaf のコードジェネレータで生成できます。コードジェネレータは yaf@github にあります。

関連キーワード:  ,アプリケーション,Yaf,body,yaf,PATH,word,ビューテンプレート,セクション,コード

PHP Manual » Yaf