fstat

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

fstatオープンしたファイルポインタからファイルに関する情報を取得する

説明

fstat(resource$stream): array|false

ファイルポインタstreamによりオープンされたファイルの統計情報を取得します。 この関数は関数stat()に似ていますが、 ファイル名の代わりにオープンされたファイルポインタを指定するところが異なります。

パラメータ

stream

fopen()を使用して作成したファイルシステムポインタリソース。

返り値

ファイルの統計情報の配列を返します。配列のフォーマットについては stat()のマニュアルをご覧ください。 失敗時に false を返します。

例1 fstat() の例

<?php

// ファイルをオープンする
$fp fopen("/etc/passwd""r");

// 統計情報を収集する
$fstat fstat($fp);

// ファイルをクローズする
fclose($fp);

// 連想配列部のみ表示する
print_r(array_slice($fstat13));

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
( [dev] => 771 [ino] => 488704 [mode] => 33188 [nlink] => 1 [uid] => 0 [gid] => 0 [rdev] => 0 [size] => 1114 [atime] => 1061067181 [mtime] => 1056136526 [ctime] => 1056136526 [blksize] => 4096 [blocks] => 8
)

注意

注意: この関数では、リモートファイル を 使用することはできません。これは、処理されるファイルがサーバーの ファイルシステムによりアクセスできる必要があるためです。