lstat

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

lstatファイルあるいはシンボリックリンクの情報を取得する

説明

lstat(string$filename): array|false

filename という名前のファイル、 またはシンボリックリンクの情報を得ます。

パラメータ

filename

ファイルあるいはシンボリックリンクへのパス。

返り値

lstat() が返す配列の内容については stat() のマニュアルをご覧ください。 この関数の動作は stat() 関数と同じですが、 パラメータ filename がシンボリックリンクであった場合に、 シンボリック先のファイルのステータスではなく、 シンボリックリンクのステータスが返されるところが異なります。

失敗時に false を返します。

エラー / 例外

失敗したときは E_WARNING が発生します。

例1 stat()lstat() の比較

<?php
symlink
('uploads.php''uploads');

// uploads.php と uploads の情報の比較
array_diff(stat('uploads'), lstat('uploads'));
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

ふたつのファイルの相違点が表示されます。

Array
( [ino] => 97236376 [mode] => 33188 [size] => 34 [atime] => 1223580003 [mtime] => 1223581848 [ctime] => 1223581848 [blocks] => 8
)

注意

注意: この関数の結果は キャッシュされます。詳細は、clearstatcache()を参照してください。

ヒント

PHP 5.0.0 以降、この関数は、何らかの URL ラッパーと組合せて使用することができます。 どのラッパーが stat() ファミリーをサポートしているかを調べるにはサポートするプロトコル/ラッパー を参照してください。

参考

  • stat() - ファイルに関する情報を取得する