move_uploaded_file

(PHP 4 >= 4.0.3, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

move_uploaded_fileアップロードされたファイルを新しい位置に移動する

説明

move_uploaded_file(string$from, string$to): bool

この関数は、from で指定されたファイルが (PHP の HTTP POST アップロード機構によりアップロードされたという意味で) 有効なアップロードファイルであるかどうかを確認します。 そのファイルが有効な場合、to で指定したファイル名に移動されます。

この種の確認は、アップロードされたファイルに関して何でもできる場 合には、その内容をユーザー、または同じシステム上の他のユーザーにさえ 暴かれる可能性があるため、特に重要です。

パラメータ

from

アップロードしたファイルのファイル名。

to

ファイルの移動先。

返り値

成功した場合に true を返します。

from が有効なアップロードファイルでない場合、 処理は行われず、move_uploaded_file()false を返します。

from が有効なアップロードファイルであるが、 何らかの理由により、移動できない場合、処理は行われず、 move_uploaded_file()false を返します。加えて、警告が出力されます。

例1 複数のファイルのアップロード

<?php
$uploads_dir 
'/uploads';
foreach (
$_FILES["pictures"]["error"] as $key => $error) {
    if (
$error == UPLOAD_ERR_OK) {
        
$tmp_name $_FILES["pictures"]["tmp_name"][$key];
        
// basename() で、ひとまずファイルシステムトラバーサル攻撃は防げるでしょう。
        // ファイル名についてのその他のバリデーションも、適切に行いましょう。
        
$name basename($_FILES["pictures"]["name"][$key]);
        
move_uploaded_file($tmp_name"$uploads_dir/$name");
    }
}
?>

注意

注意:

move_uploaded_file()open_basedir を考慮しています。 しかしながら、アップロードされたファイルを移動する to パスのみ制限が設けられます。 そこでは from がそれらの制限に抵触する可能性があるためです。 move_uploaded_file() は PHP を通じてアップロードされたファイルのみを移動できるようにすることで この操作の安全性を保証しています。

警告

コピー先のファイルが既に存在する場合、上書きされます。

参考