ps_set_value

(PECL ps >= 1.1.0)

ps_set_value値を設定する

説明

ps_set_value(resource$psdoc, string$name, float$value): bool

多くの関数で利用される値を設定します。 パラメータは浮動小数点数値として定義されます。

パラメータ

psdoc

ps_new() が返す、postscript ファイルのリソース ID。

name

name は以下のうちのひとつです。

textrendering

テキストをどのように見せるか。

textx

出力テキストの x 座標。

texty

出力テキストの y 座標。

wordspacing

単語の間隔を空白文字に対する比率で設定する。

leading

行間をピクセルで指定する。

value

パラメータの値。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

参考