Imagick::unsharpMaskImage

(PECL imagick 2, PECL imagick 3)

Imagick::unsharpMaskImage画像をシャープにする

説明

publicImagick::unsharpMaskImage(
    float$radius,
    float$sigma,
    float$amount,
    float$threshold,
    int$channel = Imagick::CHANNEL_DEFAULT
): bool

画像をシャープにします。 指定した半径と標準偏差 (シグマ) によるガウス演算によって画像を畳み込みます。 意味のある結果を得るには、半径がシグマより大きくなければなりません。 radius に 0 を指定すると、 Imagick::UnsharpMaskImage() が適切な半径を自動的に設定します。

パラメータ

radius

sigma

amount

threshold

channel

返り値

成功した場合に true を返します。

エラー / 例外

エラー時に ImagickException をスローします。

例1 Imagick::unsharpMaskImage()

<?php
function unsharpMaskImage($imagePath$radius$sigma$amount$unsharpThreshold) {
    
$imagick = new \Imagick(realpath($imagePath));
    
$imagick->unsharpMaskImage($radius$sigma$amount$unsharpThreshold);
    
header("Content-Type: image/jpg");
    echo 
$imagick->getImageBlob();
}

?>