PHP Manual » Memcache

Memcache::addServer

(PECL memcache >= 2.0.0)

Memcache::addServerコネクションプールに memcached サーバーを追加する

説明

boolMemcache::addServer ( string$host [, int$port = 11211 [, bool$persistent [, int$weight [, int$timeout [, int$retry_interval [, bool$status [, callable$failure_callback [, int$timeoutms ]]]]]]]] )

Memcache::addServer() は、コネクションプールに サーバーを追加します。 memcache_add_server() 関数を使用することも可能です。

(Memcache::connect() および Memcache::pconnect() ではなく) このメソッドを使用すると、ネットワーク接続は それが実際に必要となるときまで確立されません。 つまり、大量のサーバーをプールに追加した場合に、 それらすべてが使用されることはないとしてもオーバーヘッドが発生しないということです。

他のサーバーが使用可能である場合、あらゆるメソッドのあらゆる段階について ユーザーが意識しないままにフェイルオーバー処理が行われます。 ソケットあるいは Memcaches サーバーレベルで発生したあらゆるエラー (ただし out-of-memory は除く) に対してフェイルオーバーが動作します。 既存のキーを追加しようとしたなどの通常のクライアントエラーの場合は、 フェイルオーバー処理は起動しません。

注意:

この関数は、Memcache バージョン 2.0.0 で追加されました。

パラメータ

host

memcached が接続を待ち受けるホストを指定します。 このパラメータには別のトランスポート層を指定することもできます。たとえば unix:///path/to/memcached.sock のようにすると Unix ドメインソケットを使用できます。この場合、 port0 を指定しなければなりません。

port

memcached が接続を待ち受けるポートを指定します。 Unix ドメインソケットを使用する場合は、このパラメータを 0 とします。

port を指定しなかったときのデフォルトは memcache.default_port となります。そのため、このメソッドをコールするときにはポートを明示しておくことをおすすめします。

persistent

持続的な接続を使用するかどうかを指定します。 デフォルトは TRUE です。

weight

このサーバーに対して割り当てる容器の数を指定します。これは、 このサーバーが選択される可能性を左右します。選択される可能性は、 すべてのサーバーの weight の合計に対するこのパラメータの割合で 決まります。

timeout

デーモンへの接続の際に使用する値 (秒単位) です。 デフォルト値を 1 秒でも変更する前には十分注意してください。 接続が遅くなってしまうと、 キャッシュ処理のメリットが なくなってしまいます。

retry_interval

サーバーとの接続が失敗した際に再試行を行う頻度を設定します。 デフォルト値は 15 秒です。このパラメータを -1 にすると、 自動的な再試行を行いません。 dl() を使用してこの拡張モジュールが動的に 読み込まれている場合は、このパラメータおよび persistent は何の効果も及ぼしません。

失敗した接続構造体は、個々にタイムアウト値を持っており、 タイムアウト時間が経過するまでは、バックエンドから新たな要求が来ても その構造体はスキップされます。時間が経過すると、 その接続が無事再接続されるか、あるいはさらに retry_interval 秒の間、接続失敗と記録されます。 典型的な効果は、ウェブサーバーの各子プロセスがページを送り出す際に retry_interval 秒ごとに接続を再試行することです。

status

サーバーがオンライン状態であるかどうかを制御します。このパラメータを FALSE にし、retry_interval を -1 と設定すると、失敗したサーバーもコネクションプールに残します。 これにより、キー配布アルゴリズムに影響を与えないようにします。 このサーバーへのリクエストは、フェイルオーバーされるか失敗します。 どちらになるかは memcache.allow_failover の設定によって決まります。デフォルトは TRUE で、 サーバーがオンライン状態であることを意味します。

failure_callback

エラーが発生した際に実行されるコールバック関数を指定できるようにします。 コールバック関数は、フェイルオーバー処理の前に実行されます。 この関数は、ふたつの引数 (ホスト名、失敗したサーバーのポート) を受け取ります。

timeoutms

注意

警告

port を省略した場合は、PHP の ini 設定 memcache.default_port の値をデフォルトとして使います。 もしこの値がアプリケーションのどこかで変更されていれば、予期せぬ結果を引き起こすかもしれません。 このメソッドをコールするときには、常にポートを明示しておくことをおすすめします。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 Memcache::addServer() の例

<?php



$memcache = new Memcache;
$memcache->addServer('memcache_host'11211);
$memcache->addServer('memcache_host2'11211);



$memcache_obj memcache_connect('memcache_host'11211);
memcache_add_server($memcache_obj'memcache_host2'11211);

?>

参考

関連キーワード:  サーバー,Memcache,memcache,追加,プール,パラメータ,addServer,host,interval,int

PHP Manual » Memcache