PHP Manual » インストール/設定

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

PostgreSQL設定オプション
名前デフォルト変更可能変更履歴
pgsql.allow_persistent"1"PHP_INI_SYSTEM 
pgsql.max_persistent"-1"PHP_INI_SYSTEM 
pgsql.max_links"-1"PHP_INI_SYSTEM 
pgsql.auto_reset_persistent"0"PHP_INI_SYSTEMPHP 4.2.0 以降で有効です。
pgsql.ignore_notice"0"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
pgsql.log_notice"0"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
PHP_INI_* モードの詳細および定義についてはどこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

pgsql.allow_persistentboolean

持続的な Postgres 接続を可能にするかどうか。

pgsql.max_persistentinteger

プロセス毎の持続的 Postgres 接続の最大数。

持続的接続を含むプロセス毎の Postgres 接続の最大数。

pgsql.auto_reset_persistentinteger

pg_pconnect() で作成した持続的接続の障害を 検出する。少々のオーバーヘッドを要します。

pgsql.ignore_noticeinteger

PostgreSQL バックエンドの通知メッセージを無視するかどうか。

pgsql.log_noticeinteger

PostgreSQL バックエンドの通知メッセージをログに記録するかしないか。 ログに記録するには、PHP ディレクティブ pgsql.ignore_notice を off にする必要があります。

関連キーワード:  pgsql,設定,実行,persistent,integer,notice,インストール,SYSTEM,max,Postgres

PHP Manual » インストール/設定