docker-compose push

利用方法: push [オプション] [SERVICE...]

オプション:
    --ignore-push-failures  可能なものはプッシュし、失敗するものは無視します。

サービスのイメージを、それぞれの registry/repository に対してプッシュします。

以下のことを前提としています。

  • ローカルにビルド済のイメージをプッシュするものとします。

  • ビルドキーに対してアクセス権を有しているものとします。

version: '3'
services:
  service1:
    build: .
    image: localhost:5000/yourimage  # ローカルレジストリへ

  service2:
    build: .
    image: youruser/yourimage  # 自ユーザーの DockerHub レジストリへ