MongoDB の Docker 化

この例では、MongoDB がインストール済みの Docker イメージを、どのようにして構築するかを学びます。また、イメージを Docker Hub レジストリ送信 して、他人と共有する方法も理解します。

注釈

このガイドでは MongoDB コンテナを構築する仕組みを紹介しますが、 Docker Hub の公式イメージを使っても構いません。

Docker を使い MongoDB インスタンスをデプロイしたら、次のメリットがあります。

  • 簡単なメンテナンス、MongoDB インスタンスの高い設定性

  • ミリ秒以内で実行と開始

  • どこからでも接続可能で共有できるイメージに基づく

注釈

sudo が好きでなければ、 giving-non-root-access をご覧ください。

MongoDB 用の Dockerfile を作成

構築用の Dockerfile を作成しましょう。

$ nano Dockerfile

オプションですが、 Dockerfile の冒頭に自身の役割などをコメントしておくと便利です。

# MongoDB の Docker化:MongoDB イメージを構築する Dockerfile# ubuntu:latest をベースとし、MongoDB は以下の手順でインストール:# http://docs.mongodb.org/manual/tutorial/install-mongodb-on-ubuntu/

ちなみに

Dockerfile は柔軟性がありますが、特定の書式に従う必要があります。最初に必要になるのは、これから作成する MongoDB を Docker 化 したイメージの親にあたるイメージ名の定義です。

Docker Hub Ubuntu リポジトリにある Ubuntu の最新(latest)バージョンを使い、イメージを構築します。

# 書式:FROM リポジトリ[:バージョン]FROM ubuntu:latest

続けて、 DockerfileMAINTAINER (メンテナ/担当者)を宣言します。

# 書式:MAINTAINER 名前 <email@addr.ess>MAINTAINER M.Y. Name <myname@addr.ess>

注釈

Ubuntu システムにも MongoDB パッケージがありますが、作成日が古いものです。そのため、この例では公式の MongoDB パッケージを使います。

MongoDB 公開 GPG 鍵を取り込みます。また、パッケージ・マネージャ用に MongoDB リポジトリ・ファイルも作成します。

# インストール:# MongoDB 公開 GPG 鍵を取り込み、MongoDB リストファイルを作成RUN apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 7F0CEB10
RUN echo"deb http://repo.mongodb.org/apt/ubuntu "$(lsb_release -sc)"/mongodb-org/3.0 multiverse"| tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-3.0.list

この初期準備が終われば、パッケージを更新し、MongoDB をインストールできます。

# apt-get ソースを更新し、MongoDB をインストールRUN apt-get update && apt-get install -y mongodb-org

ちなみに

MongoDB のバージョンを指定したインストールもできます。そのためには、次の例のようにパッケージのバージョン番号のリストが必要です。

RUN apt-get update && apt-get install -y mongodb-org=3.0.1 mongodb-org-server=3.0.1 mongodb-org-shell=3.0.1 mongodb-org-mongos=3.0.1 mongodb-org-tools=3.0.1

MongoDB はデータ・ディレクトリが必要です。インストールの最終ステップで作成を命令しましょう。

# MongoDB データ・ディレクトリの作成RUN mkdir -p /data/db

最後に ENTRYPOINT を設定します。これは Docker に対して MongoDB イメージでコンテナを起動する時、コンテナ内で mongod を実行するよう命令します。そして、ポートを公開するために EXPOSE 命令を使います。

# コンテナのポート 27017 をホスト側に露出(EXPOSE)EXPOSE 27017# usr/bin/mongod を Docker 化アプリケーションのエントリ・ポイントに設定ENTRYPOINT ["/usr/bin/mongod"]

ファイルを保存したら、イメージを構築しましょう。

この Dockerfile の完成版は こちら をご覧ください。

MongoDB Docker イメージの構築

作成した Dockerfile を使い、新しい MongoDB イメージを Docker で構築できます。テスト用でない限り、 dockerbuild コマンドに --tag オプションを通して Docker イメージをタグ付けするのが良い手法です。

# 書式:docker build --tag/-t <ユーザ名>/<リポジトリ># 例$ docker build --tag my/repo .

コマンドを実行したら、 Docker は Dockerfile を処理してイメージを構築します。イメージは最終的に my/repo とタグ付けされます。

MongoDB イメージを Docker Hub に送信

全ての Docker イメージ・リポジトリを Docker Hub で保管・共有できるようにするには、 dockerpush コマンドを使います。送信するためには、ログインの必要があります。

# ログイン$ docker login
Username:
..# イメージを送信# 書式:docker push <ユーザ名>/<リポジトリ>$ docker push my/repo
The push refers to a repository [my/repo](len: 1)Sending image list
Pushing repository my/repo (1 tags)..

MongoDB イメージを使う

作成した MongoDB イメージを使い、他の MongoDB インスタンスをデーモン・プロセスとして実行できます。

# 基本的な方法# 使い方:docker run --name <コンテナ名> -d <ユーザ名>/<リポジトリ>$ docker run -p 27017:27017 --name mongo_instance_001 -d my/repo# Docker 化した Mongo DB 、学び理解しました!# 使い方:docker run --name <コンテナ名> -d <ユーザ名>/<リポジトリ> --noprealloc --smallfiles$ docker run -p 27017:27017 --name mongo_instance_001 -d my/repo --smallfiles# MongoDB コンテナのログを確認# 使い方:docker logs <コンテナ名>$ docker logs mongo_instance_001# MongoDB を使う# 使い方:mongo --port <`docker ps` で得られるポート>$ mongo --port 27017# If using docker-machine# docker-machine を使う場合# 使い方:mongo --port <`docker ps` で得られるポート> --host <`docker-machine ip VM名`の IP アドレス>$ mongo --port 27017 --host 192.168.59.103

ちなみに

もし同じエンジン上で2つのコンテナを実行したい場合、ホスト側は2つの異なったポートを各コンテナに割り当てる必要があります。

# 2つのコンテナを起動し、ポートを割り当て$ docker run -p 28001:27017 --name mongo_instance_001 -d my/repo
$ docker run -p 28002:27017 --name mongo_instance_002 -d my/repo# 各 MongoDB インスタンスのポートに接続できる$ mongo --port 28001$ mongo --port 28002

参考

Dockerizing MongoDB Introduction

https://docs.docker.com/engine/examples/mongodb/