PostgreSQL の Docker 化

Docker に PostgreSQL をインストール

ここでは Docker Hub で配布されている Docker イメージを使いますが、自分自身で作成しても構いません。

まず、新しい Dockerfile を作成します。

注釈

この PostgreSQL のセットアップは、開発用途専用です。より安全にするためには、PostgreSQL のドキュメントを参照し、適切に調整ください。

## https://docs.docker.com/examples/postgresql_service/ にあるサンプルの Dockerfile です#FROM ubuntu
MAINTAINER SvenDowideit@docker.com# Add the PostgreSQL PGP key to verify their Debian packages.# It should be the same key as https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.ascRUN apt-key adv --keyserver hkp://p80.pool.sks-keyservers.net:80 --recv-keys B97B0AFCAA1A47F044F244A07FCC7D46ACCC4CF8# Add PostgreSQL's repository. It contains the most recent stable release# of PostgreSQL, ``9.3``.RUN echo"deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ precise-pgdg main" > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list# Install ``python-software-properties``, ``software-properties-common`` and PostgreSQL 9.3# There are some warnings (in red) that show up during the build. You can hide# them by prefixing each apt-get statement with DEBIAN_FRONTEND=noninteractiveRUN apt-get update && apt-get install -y python-software-properties software-properties-common postgresql-9.3 postgresql-client-9.3 postgresql-contrib-9.3# Note: The official Debian and Ubuntu images automatically ``apt-get clean``# after each ``apt-get``# Run the rest of the commands as the ``postgres`` user created by the ``postgres-9.3`` package when it was ``apt-get installed``USER postgres# Create a PostgreSQL role named ``docker`` with ``docker`` as the password and# then create a database `docker` owned by the ``docker`` role.# Note: here we use ``&&\`` to run commands one after the other - the ``\``# allows the RUN command to span multiple lines.RUN /etc/init.d/postgresql start &&\ psql --command "CREATE USER docker WITH SUPERUSER PASSWORD 'docker';"&&\ createdb -O docker docker# Adjust PostgreSQL configuration so that remote connections to the# database are possible.RUN echo"host all all 0.0.0.0/0 md5" >> /etc/postgresql/9.3/main/pg_hba.conf# And add ``listen_addresses`` to ``/etc/postgresql/9.3/main/postgresql.conf``RUN echo"listen_addresses='*'" >> /etc/postgresql/9.3/main/postgresql.conf# Expose the PostgreSQL portEXPOSE 5432# Add VOLUMEs to allow backup of config, logs and databasesVOLUME ["/etc/postgresql", "/var/log/postgresql", "/var/lib/postgresql"]# Set the default command to run when starting the containerCMD ["/usr/lib/postgresql/9.3/bin/postgres", "-D", "/var/lib/postgresql/9.3/main", "-c", "config_file=/etc/postgresql/9.3/main/postgresql.conf"]

Dockerfile で構築するイメージに名前を割り当てます。

$ docker build -t eg_postgresql .

それから PostgreSQL サーバコンテナを(フォアグラウンドで)実行します。

$ docker run --rm -P --name pg_test eg_postgresql

PostgreSQL サーバに接続するには2つの方法があります。 コンテナをリンク するか、ホスト側(あるいはネットワーク側)から接続できます。

注釈

--rm はコンテナが正常終了したら、コンテナのイメージを自動削除します。

コンテナのリンク機能を使う

クライアントの dockerrun 時に -linkリモート名:ローカル・エイリアス を指定時、コンテナが他のコンテナのポートに直接接続できるようになります。これは接続のために使える複数の環境変数を作成します。

$ docker run --rm -t -i --link pg_test:pg eg_postgresql bash
postgres@7ef98b1b7243:/$ psql -h $PG_PORT_5432_TCP_ADDR -p $PG_PORT_5432_TCP_PORT -d docker -U docker --password

ホストシステムから接続

postgresql クライアントがインストールされていれば、ホスト側に割り当てられたポートに対しても、同様にテストできます。 dockerps でコンテナがどこのポートに割り当てられているか確認します。

$ docker ps
CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES
5e24362f27f6 eg_postgresql:latest /usr/lib/postgresql/ About an hour ago Up About an hour 0.0.0.0:49153->5432/tcp pg_test
$ psql -h localhost -p 49153 -d docker -U docker --password

データベースのテスト

認証すると docker=# プロンプトが表示され、テーブル作成を処理できます。

psql (9.3.1)Type "help"for help.
$ docker=# CREATE TABLE cities (docker(# name varchar(80),docker(# location pointdocker(# );CREATE TABLE
$ docker=# INSERT INTO cities VALUES ('San Francisco', '(-194.0, 53.0)');INSERT 01$ docker=# select * from cities; name | location
---------------+----------- San Francisco |(-194,53)(1 row)

コンテナ・ボリュームを使う

PostgreSQL のログファイル調査や、設定やデータのバックアップのために、ボリュームを定義できます。

$ docker run --rm --volumes-from pg_test -t -i busybox sh
/ # lsbin etc lib linuxrc mnt proc run sys usr
dev home lib64 media opt root sbin tmp var
/ # ls /etc/postgresql/9.3/main/environment pg_hba.conf postgresql.conf
pg_ctl.conf pg_ident.conf start.conf
/tmp # ls /var/logldconfig postgresql