AFPPASSWD

Section: User Commands (1)
Updated: 03 Aug 2000
Index JM Home Page
 

名前

afppasswd - netatalk パスワード管理ユーティリティ  

書式

afppasswd [ -acfn ] [ -p passwd file ] [ -u minimum uid ]  

説明

afppasswd により afppasswd ファイルを管理することができる。 このファイルはユーザー認証モジュール (User Authentication Module, UAM) が使用するために netatalk によって作成される。

afppasswd は、root がパラメータ付きで呼び出すことも、 ローカルのシステムユーザーがパスワードを変更するためにパラメータなしで 呼び出すこともできる。  

ローカルユーザーが自分のパスワードを変更する:

        example% afppasswd
        Enter NEW AFP password: (何も表示されない)
        Enter NEW AFP password again: (何も表示されない)
        afppasswd: updated password.
 

オプション

-a
新しいユーザーを afppasswd ファイルに追加する。
-c
afppasswd ファイルの作成と初期化を行う。 または、特定のユーザーの情報を初期化する。
-f
その命令を強制的に実行する。
-p path
afppasswd ファイルのパス。
-n
cracklib の機能が netatalk に組み込まれている場合、このオプションは cracklib のチェックを無効にする。 スーパーユーザーが、 そのパスワードが cracklib の辞書に矛盾するのを避けたい場合 (訳註: cracklib の辞書にあるパスワードを使いたい場合) に指定する。
-u minimum uid
afppasswd がユーザーを作成する際に使う最小 ユーザー ID (uid)。
 

関連項目

afpd(8), atalkd(8).


関連キーワード

afppasswd, ユーザー, AFPPASSWD, パスワード, cracklib, 作成, uid, パラメータ, 辞書, ローカル 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:54:25 GMT, May 19, 2022