BIFF

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

biff - メールの到着と、それが誰からのメールかを知らせる  

書式

biff [ny ]  

説明

biff は、現在の端末セッション中にメールが到着した場合、 それを報告してほしいかどうかをシステムに知らせる。

biff がサポートしているオプションとしては、以下のものがある:

n
報告しないように設定する。
y
報告するように設定する。

メールの到着を報告するように設定しているときにメールが届いた場合、 メールのヘッダとメッセージの最初の数行が自分の画面に表示される。 ログイン毎に実行されるよう、 ``biff y '' コマンドはたいてい .login や .profile などに書く。

biff は comsat サービスを利用して非同期に動作する。 このサービスが有効でない場合、 biff は何もしない。 このような場合、あるいは同期して動作させる場合は、 sh(1) の MAIL 変数を用いるか、 csh(1) の mail 変数を利用すること。  

関連項目

csh(1), mail(1), sh(1), comsat(8)  

歴史

コマンドは BSD 4.0 から登場した。  

バグ

su(1) と biff はあまり相性が良くないようだ。 これはおそらく tty が su を用いた人間に所有されたままになるためだろう。 これにより、biff の状態を変更しようとした時に ``Permission denied '' になってしまうかもしれない。

バグは差分/パッチ、コンパイラーエラーログ、 または出来るだけ完全なバグレポートと共に netbug@ftp.uk.linux.org に報告してほしい。


関連キーワード

biff, BIFF, メール, 報告, バグ, 到着, 設定, 動作, mail, 利用 

Index

名前
書式
説明
関連項目
歴史
バグ

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:32 GMT, January 09, 2022