DD

Section: FSF (1)
Updated: November 1998
Index JM Home Page
 

名前

dd - ファイルの変換およびコピー  

書式

dd [オプション]...  

説明

オプションに従って変換や書式設定を行い、ファイルをコピーする。

bs=BYTES
強制的に、ibs=BYTES 且つ obs=BYTES とする。
cbs=BYTES
一度に、BYTESバイト変換する。
conv=KEYWORDS
カンマで区切ったキーワードリスト(KEYWORDS)に従って変換する。
count=BLOCKS
BLOCKS個の入力ブロックだけをコピーする。
ibs=BYTES
一度に、BYTESバイト読み込む。
if=FILE
標準入力の代わりに、FILEから読み込む。
obs=BYTES
一度に、BYTESバイト書き込む。
of=FILE
標準出力の代わりに、FILEへ書き込む
seek=BLOCKS
出力開始位置をobsで指定されたBLOCKSブロック分進める。
skip=BLOCKS
入力開始位置をibsで指定されたBLOCKSブロック分進める。
--help
使用方法を表示して正常終了する。
--version
バージョン情報を出力して正常終了する。

サイズの指定(BYTES)には、次に示す単位記号を付加することができる: c 1, w 2, b 512, kD 1000, k 1024, MD 1,000,000, M 1,048,576, GD 1,000,000,000, G 1,073,741,824, TD 10^12(10の12乗), T 2^40(2の40乗), PD 10^15, P 2^50, ED 10^18, E 2^60, ZD 10^21, Z 2^70, YD 10^24, Y 2^80。 単位記号を付けた場合、 サイズの指定(BYTES)は単位記号の示す数を乗じた値となる。 (訳注: また、2つ以上の数字を x でつないだ物を積の意味で使用できる。 xM は M と同じ意味。例えば、1xM は 1M と同じ。2x3x4b は 24b と同じ。)

キーワードリスト(KEYWORDS)には次のシンボルを指定できる:
ascii
EBCDICからASCIIに変換する。
ebcdic
ASCIIからEBCDICに変換する。
ibm
ASCIIから別の(IBMの)EBCDICに変換する。
block
改行(newline)で区切られた可変長レコードを、 cbsで指定された長さの固定長レコードに変換する。足りない分は空白で埋める。
unblock
cbsで指定された長さの固定長レコードを、後ろに埋められている空白を除去して、 改行(newline)を付加した可変長レコードに変換する。
lcase
大文字を小文字に変換する。
notrunc
出力ファイルを丸めない。
ucase
小文字を大文字に変換する。
swab
入力バイトの全ての(訳註:2バイトずつの)ペアを入れ換える。
noerror
読み込みエラーが発生しても継続する。
sync
全ての入力ブロックがibsで指定されたブロック・サイズとなるようにNULで埋める。
 

バグレポート

バグレポートは<bug-fileutils@gnu.org>へ。  

関連項目

dd の完全なドキュメントはinfoマニュアルとしてメンテナンスされている。 infodd が正しくインストールされていれば、次のコマンド
info dd

で完全なマニュアルを参照することができる。


関連キーワード

BYTES, 変換, 入力, バイト, ブロック, レコード, 出力, FILE, ASCII, バグ 

Index

名前
書式
説明
バグレポート
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:34 GMT, January 09, 2022