GROFF

Section: User Commands (1)
Updated: 6 August 2001
Index JM Home Page
 

名称

groff - groff ドキュメントフォーマットシステムのフロントエンド  

書式


groff-abeghilpstvzCEGNRSUVXZ ] [ -wname ] [ -Wname ] [ -mname ] [ -Fdir ] [ -Idir ] [ -Tdev ] [ -ffam ] [ -Mdir ] [ -dcs ] [ -rcn ] [ -nnum ] [ -olist ] [ -Parg ] [ -Larg ] [ files... ]

コマンドラインオプションとパラメータの間に空白を含めることが可能です。  

解説

groff は、groff ドキュメントフォーマットシステムのフロントエンドプログラムです。通常 grofftroff を実行し、その出力を指定されたデバイスで扱うための 後処理プログラムを実行します。利用可能なデバイスは以下のとおりです:
ps
PostScript プリンタやプレビュア。
dvi
TeX の dvi フォーマット。
X75
75dpi の X11 プレビュア。
X100
100dpi の X11 プレビュア。
ascii
タイプライタに似た特性を持つデバイス。
latin1
ISO Latin-1 (ISO 8859-1) 文字集合を利用する タイプライタに似た特性を持つデバイス。
koi8-r
ロシア語 KOI8-R 文字集合を利用するタイプライタに似た特性を持つデバイス。
utf8
UTF-8 エンコーディングの Unicode (ISO 10646) 文字集合を利用する タイプライタに似た特性を持つデバイス。
cp1047
EBCDIC コードページ IBM cp1047 を利用する タイプライタに似た特性を持つデバイス (例えば OS/390 Unix)。
lj4
HP LaserJet4 互換 (または他の PCL5 互換) プリンタ。 lbp Canon CAPSL プリンタ用 (LBP-4 と LBP-8 シリーズのレーザプリンタ)。
html
HTML 出力を行います。

指定されたデバイス用の後処理を行うプログラムは、デバイス記述ファイルの postpro コマンドにより指定されています。これは -X オプションにより変更できます。

デフォルトのデバイスは ps です。 pic, eqn, grn, grap, tbl, refer, soelim の任意の前処理を行わせることもできます。

引数を伴わないオプションは - のあとにまとめて続けることができます。 ファイル名のかわりに用いられる - は標準入力を意味します。

grog コマンドを用いてドキュメントを正しくフォーマットするための groff コマンドを調べることができます。  

オプション

-h
ヘルプメッセージを表示します。
-e
eqn を使って前処理を行います。
-t
tbl を使って前処理を行います。
-g
grn を使用して前処理を行います。
-G
grap を使用して前処理を行います。
-p
pic を使って前処理を行います。
-s
soelim を使って前処理を行います。
-Idir
このオプションは soelim(1) に記述されています。 このオプションは -s オプションを暗黙的に指定します。
-R
refer を使って前処理を行います。 refer に引数を渡す機構は用意されていません。 refer のほとんどのオプションは、ファイル中に記述することができる等価なコマンドを 備えているからです。詳しくは refer(1) のマニュアルを参照してください。
-v
groff から起動されるプログラムのバージョン番号を表示します。
-V
実行しないで、 groff で実行される処理内容を標準出力に表示します。
-z
troff からの出力を捨てます。エラーメッセージのみが表示されます。
-Z
troff からの出力を後処理しません。通常 groff は、自動的に適当な後処理プログラムを起動します。
-Parg
後処理プログラムに arg を引数として渡します。別々の引数は別々の -P オプションで指定する必要があります。 groff は、 arg の前に - をつけてコマンドに渡したりしないことに注意してください。
-l
プリンタのスプーラへ出力します。印字出力に用いられるコマンドは、デバイス 記述ファイルの print コマンドによって指定されます (これが存在しない場合には、 -l は無効果です)。
-Larg
arg をプリンタスプーラプログラムに渡します。別々の引数は、別々の -L オプションで指定する必要があります。 groff は、 arg の前に - をつけてコマンドに渡したりしないことに注意してください。 デバイス記述ファイルに print コマンドが無い場合には、 -L は無視されます。
-Tdev
デバイス dev 用に出力します。デフォルトのデバイスは ps です。
-X
通常の後処理プログラムのかわりに、 gxditview を起動してプレビューします。 groffgxditview-printCommand オプションを渡します。このオプションは groff-l オプション指定時に実行される Print アクションを実行させます。 -Tps 以外が指定されている場合は、よい結果が得られません。
-N
eqn の区切り文字間に改行が入ることを禁止します。 eqn-N オプションと同様です。
-S
より安全なモード。 -S オプションを pic に渡し、次の troff リクエストを無効化します: .open, .opena, .pso, .sy, .pi 。 セキュリティ上の理由から安全なモードはデフォルトで有効です。
-U
安全でないモード。古い安全でない動作に戻します。
-a

-b
-i
-C
-E
-wname
-Wname
-mname
-olist
-dcs
-rcn
-Fdir
-Mdir
-ffam
-nnum これらのオプションの詳細は、 troff(1) に記述してあります。
 

環境変数

GROFF_COMMAND_PREFIX
もしこの変数が X に設定されていると、 grofftroff のかわりに Xtroff を起動します。これは、 tbl, pic, eqn, grn, refer, soelim にも同様に影響します。 grap, gropos, grodvi, grotty, grolj4, grohtml, gxditview には影響しません。
GROFF_TMAC_PATH
デフォルトディレクトリに加えて、 マクロファイルを検索すべきディレクトリのリスト (リストの区切りはコロンです)。 更なる詳細は troff(1) を参照してください。
GROFF_TYPESETTER
デフォルトのデバイス
GROFF_FONT_PATH
デフォルトディレクトリに加えて、 devname という名前のディレクトリを検索すべき ディレクトリのリスト (リストの区切りはコロンです)。 更なる詳細は troff(1) を参照してください。
GROFF_BIN_PATH
この検索パスは、 groff が起動するコマンドのために、 PATH の前に使用されます。 設定しないと、 PATH の前に `/usr/bin' が追加されます。
GROFF_TMPDIR
一時的なファイルが作成されるディレクトリ。もし、 GROFF_TMPDIR が設定さ れておらず、 TMPDIR が設定されているなら、 TMPDIR で示されるディレクトリ に一時ファイルが生成されます。さもなければ、一時ファイルは /tmp に作られます。 grops(1) と refer(1) が一時ファイルを作成する可能性があります。
 

関連ファイル

u+3n
/usr/share/groff_font/devname/DESC デバイス name のデバイス記述ファイル
/usr/share/groff_font/devname/F
デバイス name のためのフォント F を記述したフォントファイル

EBCDIC ホストにおいては、出力デバイス ascii, latin1, utf8 は使用不可です。 同様に、 cp1047 は ASCII ベースのオペレーティングシステム上では使用不可です。  

使用例

マニュアルページ foo.1 を標準出力に対し、latin-1 出力デバイスを使用して印刷し、 less をページャに使用するには、次のコマンドを使用します:
groff -mandoc -Tlatin1 foo.1 | less

また、次のようにも使用できます:

groff -m mandoc -Tlatin1 foo.1 | less
 

作者

James Clark <jjc@jclark.com>  

バグ

バグレポートは、bug-groff@gnu.org までお願いします。 レポートの際にはバグを再現できる完全な例題を添付し、あなたの利 用している groff のバージョンを添えて下さい。  

COPYRIGHT

Copyright © 1989-2000 Free Software Foundation, Inc.

groff はフリーソフトウェアです。Free Software Foundation から 出版されている the GNU General Public License の ver 2.0 かそ れ以降に基づく限り再配布したり、変更することが可能です。

groff は使い易いツールとして配布されることを望まれていますが、 どのような保証もありません。それが商業的であってもある特定の目 的に対するだけであっても保証はありません。詳しくは GNU の General Public License を参照して下さい。

あなた は groff のコピーを GNU General Public License と共に受 けとっているはずです。その COPYING を参照して下さい。そうでな い場合には、 Foundation, 59 Temple Place - Suite 330, Boston, MA 02111-1307, USA まで御連絡下さい。  

入手性

最新の groff はたいてい ftp.gnu.org の gnu/groff ディレクトリに置かれており、 anonymous ftp で入手できます。

groff のみが、Ted Faber <faber@lunabase.org> が記述した自由に入手可能な grap 実装をサポートします。 実物は、次のところにあります:

http://www.lunabase.org/~faber/Vault/software/grap/
 

関連項目

grog(1), troff(1), tbl(1), pic(1), eqn(1), grn(1), grap(1), soelim(1), refer(1), grops(1), grodvi(1), grotty(1), grolj4(1), grolbp(1), grohtml(1), gxditview(1), groff_font(5), groff_out(5), groff_man(7), groff_ms(7), groff_me(7), groff_char(7)


関連キーワード

groff, デバイス, GROFF, コマンド, 出力, 処理, 記述, troff, refer, ディレクトリ 

Index

名称
書式
解説
オプション
環境変数
関連ファイル
使用例
作者
バグ
COPYRIGHT
入手性
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:31 GMT, January 09, 2022