ICONV

Section: Linux User Manual (1)
Updated: 2020-06-09
Index JM Home Page
 

名前

iconv - テキストをある文字符号化から別の文字符号化に変換する  

書式

iconv [options] [-f from-encoding] [-t to-encoding] [inputfile]...  

説明

iconv プログラムはある符号化 (encoding) からテキストを読み出し、 別の符号化でそのテキストを出力する。 入力が指定されなかった場合、 もしくは入力ファイルとしてダッシュ (-) が指定された場合、 iconv は標準入力から入力を行う。 出力が指定されなかった場合、 iconv は標準出力に出力する。

from-encoding が指定されなかった場合、 デフォルトは現在のロケールの文字符号化から取得される。 to-encoding が指定されなかった場合、 デフォルトは現在のロケールの文字符号化から取得される。  

オプション

-f from-encoding, --from-code=from-encoding
文字入力に from-encoding を使用する。
-t to-encoding, --to-code=to-encoding
文字出力に to-encoding を使用する。
to-encoding の後ろに文字列 //IGNORE が付いていた場合、 変換できなかった文字は破棄され、 変換後にエラーが表示される。
to-encoding の後ろに文字列 //TRANSLIT が付いていた場合、 変換される文字の書き直し (transliterate) が必要で可能な場合、書き直しが行われる。 変換先の文字集合で文字が表現できない場合、 変換先の文字集合の文字に近似されることを意味する (1 文字の場合も複数文字の場合もある)。 変換先の文字集合外の文字で、書き直しもできない文字は、 出力では疑問符 (?) に置き換えられる。
-l, --list
認識するすべての文字集合符号化のリストを表示する。
-c
変換できない文字があった場合に、 変換を終了するのではなく、 その文字を黙って破棄する。
-o outputfile, --output=outputfile
出力に outputfile を使用する。
-s, --silent
このオプションは無視される。 互換性のためだけに存在する。
--verbose
複数のファイルを処理する際に進捗情報を標準エラーに出力する。
-?, --help
使用方法を表示し、終了する。
--usage
簡潔な使用方法を出力し、終了する。
-V, --version
iconv のバージョン番号、 ライセンス、 保証免責を表示する。
 

終了ステータス

成功すると 0 で、 エラーの場合 0 以外。  

環境変数

内部では、 iconv プログラムは iconv(3) 関数を使用する。 iconv(3) 関数は順に gconv モジュール (動的にロードされる共有ライブラリ) を使って、 変換元、変換先の文字集合を取り扱う。 iconv(3) を呼び出す前に、 iconv プログラムは最初に iconv_open(3) を使って変換ディスクリプターを割り当てる。 iconv_open(3) の動作は GCONV_PATH 環境変数の設定の影響を受ける。
*
GCONV_PATH が設定されていない場合、 iconv_open(3) は iconvconfig(8) により作成されたシステムの gconv モジュール設定キャッシュファイルを読み込み、 それからこの設定に基づき、 変換を行うのに必要な gconv モジュールをロードする。 システムの gconv モジュール設定キャッシュファイルが利用できない場合、 システムの gconv モジュール設定ファイルが使用される。
*
GCONV_PATH (コロン区切りのパス名のリスト) が定義されている場合、 システムの gconv モジュール設定キャッシュは使用されない。 代わりに iconv_open(3) は最初に GCONV_PATH に指定されたディレクトリを順番に検索して設定ファイルの読み出しを試み、 その後でシステムのデフォルトの gconv モジュール設定ファイルをロードする。 ディレクトリに gconv モジュール設定ファイルがない場合、 そのディレクトリにある gconv モジュールは無視される。 ディレクトリに gconv モジュール設定ファイルがあり、 そのディレクトリに現在の変換に必要なモジュールがあると判断した場合、 必要なモジュールがこのディレクトリからロードされる。 GCONV_PATH で最初に見つかった適切なモジュールが使用される。 これにより、 ユーザーが独自のモジュールを使用し、 GCONV_PATH ディレクトリにそれらのモジュールを置くことでシステムが提供するモジュールを置き換えることができる。
 

ファイル

/usr/lib/gconv
通常のデフォルトの gconv モジュールのパス。
/usr/lib/gconv/gconv-modules
通常のデフォルトの gconv モジュールのシステム設定ファイル。
/usr/lib/gconv/gconv-modules.cache
通常のデフォルトの gconv モジュールのシステム設定キャッシュ。
 

準拠

POSIX.1-2001.  

テキストを ISO 8859-15 文字符号化から UTF-8 に変換する。

$ iconv -f ISO-8859-15 -t UTF-8 < input.txt > output.txt

以下の例は UTF-8 から ASCII への変換を行い、 可能であれば書き直し (transliterate) を行う。

$ echo abc ß α € àḃç | iconv -f UTF-8 -t ASCII//TRANSLIT abc ss ? EUR abc  

関連項目

locale(1), uconv(1), iconv(3), nl_langinfo(3), charsets(7), iconvconfig(8)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

モジュール, gconv, iconv, 文字, 変換, encoding, 出力, 設定, ディレクトリ, ICONV 

Index

名前
書式
説明
オプション
終了ステータス
環境変数
ファイル
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:19 GMT, January 09, 2022