INSTALL

Section: FSF (1)
Updated: November 1998
Index JM Home Page
 

名前

install - ファイルをコピーし属性を設定する  

書式

install [オプション]... SOURCE DEST (第一形式)
install [オプション]... SOURCE... DIRECTORY (第二形式)
install -d [オプション]... DIRECTORY... (第三形式)  

説明

最初の二つの形式では、SOURCEファイルをDESTファイルへ、 もしくは、複数のSOURCEファイルをDIRECTORYディレクトリ下へコピーし、 アクセス権および所有者/グループを設定する。 三番目の形式では、指定されたDIRECTORYディレクトリを (親ディレクトリが存在しなければそれも含めて)生成する。

-b, --backup
変更前にバックアップを作成する。
-c
無視する。
-d, --directory
全ての引数をディレクトリ名とみなし、 指定されたディレクトリを(親ディレクトリが存在しなければそれも含めて)生成する。
-D
DESTファイルにコピーするために必要な全ディレクトリ構造を (それがない場合は)前もって作成する。 それから、SOURCEファイルをDESTファイルへコピーする。 第一形式の場合に便利である。
-g, --group=GROUP
グループ所有権を設定する。デフォルトではプロセスが属する現在のグループ。
-m, --mode=MODE
(chmodと同様な形式で)アクセス権を設定する。デフォルトではrwxr-xr-x。
-o, --owner=OWNER
所有者を設定する。(但し、スーパーユーザのみ。)
-p, --preserve-timestamps
コピー先ファイルの最終アクセス時刻と最終修正時刻をSOURCEファイルと合わせる。
-s, --strip
シンボルテーブルを切り捨てる。但し、第一形式および第二形式の場合のみ。
-S, --suffix=SUFFIX
バックアップファイルを作る際の添字を指定する。
--verbose
ディレクトリを作成するたびに、その名前を表示する。
-V, --version-control=WORD
バックアップファイルの命名方法を指定する。
--help
使用方法を表示して正常終了する。
--version
バージョン情報を出力して正常終了する。

環境変数SIMPLE_BACKUP_SUFFIXが設定されていない場合、 バックアップファイルを作る際の添字は ~ である。 バックアップファイルの命名方法は、環境変数VERSION_CONTROLで指定する。 指定する値は以下の通り。

t, numbered
番号の拡張子を持つバックアップを作成する。
nil, existing
番号の拡張子を持つバックアップがすでにある場合には、 番号の拡張子を持つバックアップを、 そうでない場合には単純なバックアップを作成する。
never, simple
常に単純なバックアップを作成する。
 

バグレポート

バグレポートは<bug-fileutils@gnu.org>へ。  

関連項目

install の完全なドキュメントはinfoマニュアルとしてメンテナンスされている。 infoinstall が正しくインストールされていれば、次のコマンド
info install

で完全なマニュアルを参照することができる。


関連キーワード

形式, ディレクトリ, install, INSTALL, 設定, 作成, SOURCE, バックアップ, コピー, DIRECTORY 

Index

名前
書式
説明
バグレポート
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:34 GMT, January 09, 2022