LN

Section: FSF (1)
Updated: November 1998
Index JM Home Page
 

名前

ln - ファイルへのリンクを作成する  

書式

ln [オプション]... TARGET [LINK_NAME]
ln [オプション]... TARGET... DIRECTORY  

説明

指定したTARGETファイルへのリンクを作成する。 任意のLINK_NAME名を付けることができる。 TARGETファイルを複数指定する時には、最後の引数がディレクトリでなければならない。 この場合、各々のTARGETファイルへのリンクはDIRECTORYディレクトリ下に作成する。 デフォルトではハードリンクを作成する。 --symbolicオプションを指定するとシンボリックリンクを作成する。 ハードリンクを作成する場合は、各々のTARGETファイルが実在しなければならない。

-b, --backup
指定したリンクファイルが既に存在する場合はファイルのバックアップを作成する。
-d, -F, --directory
ディレクトリへのハードリンクを作成するのを許す(スーパーユーザーのみ)。
-f, --force
指定したリンクファイルが既に存在する場合は削除する。
-n, --no-dereference
ディレクトリにシンボリックリンクしているリンクファイルが指定された場合、 それを普通のファイルと同じように扱う。
-i, --interactive
指定したリンクファイルが既に存在する場合は削除するか否かの問合せを行う。
-s, --symbolic
ハードリンクの代わりにシンボリックリンクを作成する。
-S, --suffix=SUFFIX
バックアップファイルを作る際の添字を指定する。
-v, --verbose
リンクを作成する前にそれぞれのファイル名を出力する。
-V, --version-control=WORD
バックアップファイルの命名方法を指定する。
--help
使用方法を表示して正常終了する。
--version
バージョン情報を出力して正常終了する。

環境変数SIMPLE_BACKUP_SUFFIXが設定されていない場合、 バックアップファイルを作る際の添字は ~ である。 バックアップファイルの命名方法は、環境変数VERSION_CONTROLで指定する。 指定する値は以下の通り。

t, numbered
番号の拡張子を持つバックアップを作成する。
nil, existing
番号の拡張子を持つバックアップがすでにある場合には、 番号の拡張子を持つバックアップを、 そうでない場合には単純なバックアップを作成する。
never, simple
常に単純なバックアップを作成する。
 

バグレポート

バグレポートは<bug-fileutils@gnu.org>へ。  

関連項目

ln の完全なドキュメントはinfoマニュアルとしてメンテナンスされている。 infoln が正しくインストールされていれば、次のコマンド
info ln

で完全なマニュアルを参照することができる。


関連キーワード

作成, リンク, LN, ln, バックアップ, ディレクトリ, バックアップファイル, バグ, レポート, info 

Index

名前
書式
説明
バグレポート
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:34 GMT, January 09, 2022