lpq

Section: Apple Inc. (1)
Updated: CUPS
Index JM Home Page
 

名前

lpq - プリンタ・キューの状態を表示する  

書式

lpq [ -E ] [ -U username ] [ -h server[:port] ] [ -P destination[/instance] ] [ -a ] [ -l ] [ +interval ]  

説明

lpq は、名前を指定したプリンタについて現在の印刷キューの状態を表示する。 コマンドラインでプリンタやクラスを指定しない場合は、 デフォルトの出力先のキューに入っているジョブが表示されることになる。

+interval オプションを指定すると、現在キュー内にあるジョブを、 キューが空になるまで、繰り返し報告する。ジョブ・リストの表示は、 interval 秒間隔で行われる。  

オプション

lpq では、以下のオプションが使える。
-E

サーバに接続するとき、必ず暗号化を行うようにする。
-P destination[/instance]

別のプリンタ名やクラス名を指定する。
-U username

自分以外のユーザ名を指定する。
-a

すべてのプリンタのジョブを報告する。
-h server[:port]

別のサーバを指定する。
-l

より詳細な (すなわち、長い) 形式の報告を要求する。
 

関連項目

cancel(1), lp(1), lpr(1), lprm(1), lpstat(1),
http://localhost:631/help  

著作権

Copyright 2007-2011 by Apple Inc.


関連キーワード

lpq, プリンタ, キュー, 表示, 報告, interval, 名前, destination, サーバ, クラス 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目
著作権

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:34 GMT, January 09, 2022