lpstat

Section: Apple Inc. (1)
Updated: CUPS
Index JM Home Page
 

名前

lpstat - CUPS のステータス情報を表示する  

書式

lpstat [ -E ] [ -H ] [ -U username ] [ -h hostname[:port] ] [ -l ] [ -W which-jobs ] [ -a [ destination(s) ] ] [ -c [ class(es) ] ] [ -d ] [ -o [ destination(s) ] ] [ -p [ printer(s) ] ] [ -r ] [ -R ] [ -s ] [ -t ] [ -u [ user(s) ] ] [ -v [ printer(s) ] ]  

説明

lpstat は、クラス、ジョブ、プリンタが、現在どういう状態にあるかの情報を表示する。 lpstat を引き数なしで実行すると、 実行したユーザが印刷待ちのキューに入れているジョブを一覧表示することになる。  

オプション

lpstat コマンドでは、以下のオプションが使える。
-E

サーバに接続するとき、必ず暗号化を行うようにする。
-H

サーバのホスト名とポート番号を表示する。
-R

印刷ジョブのランクを表示する。
-U username

自分以外のユーザ名を指定する。
-W which-jobs

completed (完了した) と not-completed (未完了) の、 どちらのジョブを表示するかを指定する (後者がデフォルトである)。 このオプションは、 -o オプションやプリンタ名の前に置かなければならない。 そうしないと、スケジューラへの問い合わせでデフォルトの値 (not-completed) が使われることになる。
-a [printer(s)]

プリンタ・キューの受け付け状態を表示する。 プリンタの指定がない場合は、すべてのプリンタがリストされる。
-c [class(es)]

プリンタクラスと、そのクラスに属するプリンタを表示する。 クラスの指定がない場合は、すべてのクラスがリストされる。
-d

現在のデフォルトの出力先を表示する。
-h server[:port]

別のサーバを指定する。
-l

プリンタ、クラス、ジョブの一覧表示において、詳細な形式を使用する。
-o [destination(s)]

指定された出力先のジョブ・キューを表示する。 出力先の指定がない場合は、すべてのジョブが表示される。
-p [printer(s)]

指定したプリンタが印刷可能の状態かどうかを表示する。 プリンタの指定がない場合は、すべてのプリンタがリストされる。
-r

CUPS サーバが稼働中かどうかを表示する。
-s

ステータスの概要を表示する。表示される項目は、デフォルトの出力先、 クラスとそのメンバーであるプリンタからなるリスト、 それに、プリンタとそれが結びつけられているデバイスからなるリストである。 これは、"-d, -c, -v オプションを同時に指定するのと同じことである。
-t

すべてのステータス情報を表示する。これは、-r, -d, -c, -v, -a, -p, -o オプションを同時に指定するのと同じことである。
-u [user(s)]

指定したユーザが印刷待ちのキューに入れているジョブのリストを表示する。 ユーザの指定がない場合は、lpstat を実行したユーザがキューに入れているジョブがリストされる。
-v [printer(s)]

指定したプリンタがどのデバイスに結びつけられているかを表示する。 プリンタの指定がない場合は、すべてのプリンタがリストされる。
 

互換性

System V の印刷システムとは違って、CUPS ではプリンタ名に、空白、タブ、 "/"、"#" 以外なら、どんな印刷可能文字でも使用することができる。 また、プリンタ名やクラス名について、大文字小文字の区別も行わない。

オプション "-h", "-E", "-U", "-W" は、CUPS 固有のものである。

Solaris のオプション "-f", "-P", "-S" があっても、無視して何もしない。  

関連項目

cancel(1), lp(1),
http://localhost:631/help  

著作権

Copyright 2007-2011 by Apple Inc.


関連キーワード

表示, プリンタ, lpstat, リスト, クラス, 印刷, printer, キュー, 出力, サーバ 

Index

名前
書式
説明
オプション
互換性
関連項目
著作権

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:34 GMT, January 09, 2022