MK_CMDS

Section: User Commands (1)
Updated: 2003
Index JM Home Page
 

名前

mk_cmds - エラーテーブルコンパイラ  

書式

mk_cmds file  

説明

mk_cmds は、コマンド名とそれに関連するヘルプメッセージを列挙したテーブルを、 ss(3) ライブラリと共に使用するのに適した、C のソースファイルに変換する。

ソースファイルの名前はサフィックス ``.ct'' で終っていなければならない。 ファイルはコマンドラインテーブルの名前を与える宣言で構成される。

command_table name

の後に

[ request | unimplemented ] name, " string "[, abbrev]...;

という形式のエントリが続き、テーブルの終りを示す

end

で終る。

C のソースファイルが生成されるので、コンパイルして、 ss ライブラリを使うオブジェクトファイルとリンクする。

ソースファイル中の ``#'' はコメント文字として扱われ、 ソースファイルの行末までの残りの文字列は無視される。

 

バグ

オリジナルの mk_cmdsyacc(1) に基づくとても簡単なパーサを使っており、 現在のバージョンの mk_cmds は awk と sed を組み合わせたスクリプトを使っているので、 エラーからの回復についてはまだ十分とは言えない。

 

関連項目

ss (3)


関連キーワード

MK, CMDS, cmds, ソース, 名前, テーブル, Index, ライブラリ, バグ, コンパイル 

Index

名前
書式
説明
バグ
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:32 GMT, January 09, 2022