NROFF

Section: User Commands (1)
Updated: 26 April 2001
Index JM Home Page
 

名称

nroff - groff による nroff コマンドのエミュレート  

書式


nroff-h ] [ -i ] [ -mname ] [ -nnum ] [ -olist ] [ -p ] [ -rcn ] [ -t ] [ -S ] [ -Tname ] [ -U ] [ -v ] [ file... ]
 

解説

nroff は、groff を用いて nroff をエミュレートするスクリプトです。 -T オプションには ascii, latin1, koi8-r, utf8, cp1047 のみが有効です。 無効なものを指定するか -T オプションを指定しないと、 nroff は現在のロケールを調べて、デフォルト出力デバイスを選択します。 まず、 locale プログラムを試し、次に環境変数 LC_ALL, LC_CTYPE, LANG を試し、最終的に LESSCHARSET 環境変数を見ます。

-h オプション は grotty への -h オプションと等価です (すなわちタブを出力に使用します)。 -i, -n, -m, -o, -r オプションは troff(1) に説明されている効果を持ちます。 -q, -s オプション ( troff には実装されていません) は無視され、エラーメッセージも表示されません。 オプション -p (pic), -t (tbl), -S (より安全) と -U (安全でない) は groff に渡されます。 -S がデフォルトで渡されます。 -v バージョン番号を表示します。  

環境変数

GROFF_BIN_PATH
コロン区切りのディレクトリリストで、PATH の前に、ここから groff 実行形式を探します。 これが設定されない場合、`/usr/bin' が使用されます。
 

このシェルスクリプトは、基本的には man(1) での使用を意図していますので、警告は抑制されます。 (ファイル tty-char.tmac 中の) nroff スタイルの文字定義もまた、 印字不可能なグリフをエミュレートするためにロードします。  

関連項目

groff(1), troff(1), grotty(1)


関連キーワード

nroff, NROFF, groff, troff, エミュレート, PATH, grotty, 出力, 解説, 表示 

Index

名称
書式
解説
環境変数
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:31 GMT, January 09, 2022