PG

Section: User Commands (1)
Updated: 2001-04-25
Index JM Home Page
 

名前

pg - テキストファイルをページ単位で閲覧する  

書式

pg [ -number ] [ -p string ] [ -cefnrs ] [ +line ] [ +/pattern/ ] [ file . . . ]  

説明

pg はテキストファイルを CRT 上で一度に 1 つのスクリーンいっぱいに表示する。 各ページの終わりにプロンプトが表示される。 ユーザは改行 (newline) キーを入力して次のページを閲覧することも、 以下で説明する何れかのキーを入力することもできる。

コマンドラインでファイル名が指定されない場合、 pg は標準入力から読み込む。 標準出力が端末でない場合、 pgcat(1) のように動作するが、ファイルが複数あるときには、 ファイルの内容より先にファイル名を出力する。

パイプから入力された場合、 pg は読み込んでいる間にデータをバッファファイルに格納し、 ナビゲーションを可能にする。  

オプション

pg は以下のオプションを受け付ける:
-number
1 ページ当りの行数。 通常は CRT の行数から 1 を引いた数である。
-c
ページが表示される前にスクリーンをクリアする。 ただし、端末の terminfo エントリでこの機能が提供されている場合。
-e
ファイルの末尾において、 pg は停止せず、かつ (EOF) を表示しない。
-f
pg は長い行を分割しない。
-n
このオプションが指定されない場合、 コマンドは改行文字で終端されなければならない。 このオプションが指定された場合、 コマンド文字が打ち込まれると pg はすぐに実行する。
-p string
プロンプト : の代わりに、 string が表示される。 string%d が含まれる場合、最初に出現する %d は現在のページ番号で置き換えられる。
-r
シェルエスケープを無効にする。
-s
メッセージを強調 (standout) モードで表示する。 ただし、端末の terminfo エントリでこの機能が提供されている場合。
+number
指定された行番号から開始する。
+/pattern/
指定された基本正規表現 (Basic Regular Expression) pattern を含む行から開始する。
 

使用法

以下のコマンドをプロンプトから入力することができる。 このドキュメントで i が前に付いているコマンドは、正または負の数を引き数として受け付ける。 この引き数が + または - で始まる場合、入力ファイルにおける現在の位置から相対位置として解釈される。 それ以外の場合は、ファイルの先頭からの相対位置として解釈される。
i<newline>
次のページまたは指定されたページを表示する。
id または ^D
半ページ前方を表示する。 i が指定された場合、常に現在の位置からの相対位置として解釈される。
il
次の行または指定された行を表示する。
if
前方に 1 ページ分スキップする。 i は正の数でなければならず、 常に現在の位置からの相対位置として解釈される。
iw または iz
<newline> と同じように動作するが、 i が新しいページサイズになる。
. または ^L
スクリーンを再描画する。
$
入力ファイルの最終行に進む。
i/pattern/
基本正規表現 pattern が最初または i 番目に見つかるまで前方に検索する。 検索は現在のページの後から始まり、ファイルの末尾で終了する。 折り返し (wrap-around) 検索は行われない。 i は正でなければならない。
i?pattern? または i^pattern^
基本正規表現 pattern が最初または i 番目に見つかるまで後方に検索する。 検索は現在のページの前から始まり、ファイルの先頭で終了する。 折り返し (wrap-around) 検索は行われない。 i は正でなければならない。

検索コマンドは付加的な文字を受け付ける。 t が指定された場合、pattern を含む行はスクリーンの一番上に表示される。 これがデフォルトである。 m を指定するとスクリーンの真ん中の行に表示され、 b を指定するとスクリーンの一番下の行に表示される。 ここで選択された表示位置は、その後の検索でも使用される。

in
次のファイルまたは i 個先のファイルに移動する。
ip
前のファイルまたは i 個前のファイルを再び読み込む。
s filename
指定されたファイル名 filename で、現在のファイルを保存する。
h
コマンドの概要を表示する。
!command
シェルを使って command を実行する。
q または Q
終了する。

pg が入力ファイルを読み込んでいる間や 端末上に書き出している間に、 ユーザが中止 (interrupt) や終了のキーを押すと、 pg はすぐにプロンプトを出す。 その他の場合にこれらのキーを押すと、 pg を終了する。  

環境変数

以下の環境変数は pg の動作に影響を与える:
COLUMNS
この環境変数を指定すると、システムが提供するカラム数を上書きする。
LANGLC_ALLLC_COLLATELC_CTYPELC_MESSAGES
locale(7) を参照すること。
LINES
この環境変数を指定すると、システムが提供する行数を上書きする。
SHELL
! コマンドで使用される。
TERM
端末タイプを決定する。
 

関連項目

cat(1), more(1), sh(1), terminfo(5), locale(7), regex(7), term(7)  

注意

pg は端末のタブが 8 であると想定している。

NUL 文字を含むファイルは、 pg で表示できない。


関連キーワード

表示, ページ, pattern, 入力, 検索, 位置, コマンド, 端末, スクリーン, 終了 

Index

名前
書式
説明
オプション
使用法
環境変数
関連項目
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:33 GMT, January 09, 2022