PIDOF

Section: User Commands (1)
Updated: May 6, 1998
Index JM Home Page
 

名前

pidof - 名前でプロセスを見つけ、それらの PID を一覧表示する  

書式

pidof [-eg] name ...
pidof -V  

説明

pidof は、指定されたいずれかのコマンドを実行しているプロセス全ての PID を一覧表示する。

コマンド名がスラッシュ (/) を含む場合は、 その指定したファイルを実行しているプロセスが (実行時の名前が違っていても) 選択される。

指定したコマンドのプロセスがひとつも見つからなければ、 pidof は 0 以外のリターンコードを返す。 各コマンドに対応するプロセスがひとつでも見つかれば、 pidof はゼロを返す。  

オプション

-e
とても長い名前に対して完全一致を要求する。 コマンド名が 15 文字よりも長いと、そのフルネームが利用できない (スワップアウトされている) ことがあるかもしれない。 この場合 pidof は先頭 15 文字まで一致するもの全てを一覧表示する。 -e オプションを付けると、そのような項目は黙ってスキップされる。
-g
プロセス ID の代わりにプロセスグループの ID を表示する。 同じプロセスグループ ID を持つプロセスが複数見つかった場合は、 最初のプロセスだけを表示する。
-V
バージョン情報を表示する。
 

ファイル

/proc   proc ファイルシステムの場所
 

既知のバグ

ファイルによるプロセスの選択は、 実行ファイルがその実行中にオープン状態に置かれる場合にのみ有効である。 すなわち impure な実行ファイルをこの方法で選択することはできない。  

著者

Werner Almesberger <Werner.Almesberger@epfl.ch>  

関連項目

killall(1), fuser(1), ps(1)


関連キーワード

プロセス, pidof, PIDOF, 表示, 名前, コマンド, 実行, 選択, Werner, PID 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
既知のバグ
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:16:45 GMT, May 17, 2022