PLDD

Section: Linux User Manual (1)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page
 

名前

pldd - プロセスにリンクされている動的共有オブジェクトを表示する  

書式

pldd pid
pldd option
 

説明

pldd コマンドは、 指定されたプロセス ID (PID) のプロセスにリンクされている動的共有オブジェクト (DSO; dynamic shared objects) のリストを表示する。 このリストには dlopen(3) を使って動的にロードされたライブラリーも含まれる。  

オプション

-?, --help
ヘルプメッセージを表示し終了する。
--usage
使用方法の簡潔な概要を表示し終了する。
-V, --version
プログラムのバージョン情報を表示し終了する。
 

終了ステータス

成功すると pldd はステータス 0 を返す。 指定されたプロセスが存在しない場合、 ユーザーが自身の動的共有オブジェクトのリストにアクセスする許可を持っていない場合、 もしくはコマンドライン引数が指定されていない場合、 pldd はステータス 1 で終了する。 無効なオプションが指定された場合、 ステータス 64 で終了する。  

バージョン

pldd は glibc 2.15 以降で利用可能である。  

準拠

pldd コマンドは POSIX.1 では規定されていない。 他のいくつかのシステムにも同様のコマンドがある。  

注意

コマンド

lsof -p PID

は、 プロセスにリンクされた動的共有オブジェクトも出力する。

The gdb(1) info shared command also shows the shared libraries being used by a process, so that one can obtain similar output to pldd using a command such as the following (to monitor the process with the specified pid):

$ gdb -ex "set confirm off" -ex "set height 0" -ex "info shared" \
        -ex "quit" -p $pid | grep 'ha0x.*0x'  

バグ

From glibc 2.19 to 2.29, pldd was broken: it just hung when executed. This problem was fixed in glibc 2.30, and the fix has been backported to earlier glibc versions in some distributions.  

$ echo $$ # シェルの PID を表示する 1143 $ pldd $$ # このシェルにリンクされている動的共有オブジェクトを表示 1143: /usr/bin/bash linux-vdso.so.1 /lib64/libtinfo.so.5 /lib64/libdl.so.2 /lib64/libc.so.6 /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 /lib64/libnss_files.so.2  

関連項目

ldd(1), lsof(1), dlopen(3), ld.so(8)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

pldd, 終了, 表示, PLDD, ステータス, プロセス, 共有, オブジェクト, コマンド, shared 

Index

名前
書式
説明
オプション
終了ステータス
バージョン
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:16:41 GMT, May 17, 2022