PSORDER

Section: User Commands (1)
Updated: 17 Dec 1991
Index JM Home Page
 

名前

psorder - PostScript のページ順を変更するフィルタ  

書式

psorder [ -duf ] sourcefile  

説明

psorder は PostScript 文書のページを並べ変えるフィルタである。 結果は標準出力に書き出される。 デフォルトでは、文書は昇順に処理される (番号の小さいページが先に印刷される)。 PostScript 文書の中には、 ページの順番を変更できないように指定してあるものが存在する; psorder のデフォルトの動作は、この仕様に従う。

変換元ファイルが指定されない場合、または sourcefile が `-' である場合、 psorder は標準入力ファイルを読み込む。
 

オプション

-d
文書のページを下方順もしくは降順に並べ変える。 このオプションは、Apple LaserWriter や LaserWriter Plus のように 表を上にして重ねるプリンタで文書を印刷する場合に、 文書のページを並べ変えるためによく使われる。
-u
昇順を指定する。これがデフォルトである。 表を下にして重ねるプリンタで文書を印刷する場合に、 正しい順番になっているように並べ直し、それを保証するために使われる。
-f
文書がページの順番を厳密に扱わなくてはならないと警告を出す場合でも、 psorder に強制的にページを並べ変えさせる。 文書が正しく印刷されなくなるかもしれないので、 このオプションは実験的にのみ使うべきである。
 

関連項目

psf(8), lpr(1).


関連キーワード

文書, ページ, PSORDER, psorder, 印刷, 順番, LaserWriter, sourcefile, Index, プリンタ 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:33 GMT, January 09, 2022