RM

Section: FSF (1)
Updated: November 1998
Index JM Home Page
 

名前

rm - ファイルまたはディレクトリを削除する  

書式

rm [オプション]... FILE...  

説明

このマニュアルページはGNUバージョンの rm について書いてある。 rm は指定されたファイルを削除する。デフォルトではディレクトリの削除は行わない。

ファイルが書き込み禁止の時、標準出力が tty で -f または --force オプションが付いていなければ rm はこのファイルを削除するかどうか問い合わせる。 返答が `y' または `Y' で始まっていない場合は、そのファイルを削除しない。

GNU rm では、引数の解析に getopt関数を使う全てのプログラムと同様に、 -- オプションでその後のすべての引数をオプション以外のものとして扱うことができる。 カレントディレクトリの '-f' というファイルを削除するためには、 次のどちらかを使うことができる。

rm -- -f
または
rm ./-f
この目的のために Unix rm で '-' を使用するのは、getopt標準文法が発達する以前のやりかたである。  

オプション

FILEを削除(unlink)する。

-d, --directory
ディレクトリが空で無くても、ディレクトリをunlinkする。 (スーパーユーザのみ使用可能)
-f, --force
存在しないファイルを無視する。削除の問合せをしない。
-i, --interactive
削除する前に問合せをする。
-r, -R, --recursive
ディレクトリの中身を再帰的に削除する。
-v, --verbose
実行内容を表示する。
--help
使用方法を表示して正常終了する。
--version
バージョン情報を出力して正常終了する。
 

バグレポート

バグレポートは<bug-fileutils@gnu.org>へ。  

関連項目

rm の完全なドキュメントはinfoマニュアルとしてメンテナンスされている。 inform が正しくインストールされていれば、次のコマンド
info rm

で完全なマニュアルを参照することができる。


関連キーワード

削除, ディレクトリ, info, レポート, バグ, 終了, unlink, 出力, 標準, getopt 

Index

名前
書式
説明
オプション
バグレポート
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:16:46 GMT, May 17, 2022