RUPTIME

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

ruptime - ローカルの計算機のステータスを表示する  

書式

ruptime [-alrtu ]  

説明

ruptime は、ローカルネットワーク上の各マシンについて、 uptime に似たステータス行を表示する。 この表示は、ネットワーク上の各ホストから 1 分ごとに ブロードキャストされるパケットをもとに作成される。

ステータスレポートが 11 分以上途切れているマシンは、 ダウンしていると表示される。

オプション:

-a
-a フラグが指定されない限り、 1 時間以上アイドルになっているユーザーは表示されない。
-l
平均負荷の順にソートする。
-r
逆順にソートする。
-t
uptime の順にソートする。
-u
ユーザー数の順にソートする。

デフォルトのリストでは、ホスト名でソートされている。  

ファイル

/var/spool/rwho/whod.*
データファイル

 

関連項目

rup(1), rwho(1), uptime(1), rwhod(8)  

履歴

ruptime は BSD 4.2 から登場した。


関連キーワード

RUPTIME, ソート, 表示, ruptime, ステータス, rwho, マシン, ネットワーク, ローカル, 履歴 

Index

名前
書式
説明
ファイル
関連項目
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:32 GMT, January 09, 2022