SNMPBULKGET

Section: User Commands (1)
Updated: 23 May 2000
Index JM Home Page
 

名前

snmpbulkget - SNMP BULK リクエストを使ってネットワークエントリと通信する  

書式

snmpbulkget [common arguments] [objectID]...  

説明

一般的な引き数に加え、 snmpbulkget は 1 つの特別な引き数をとる。
-B <nonrep> <rep>
ここで、 nonrep は繰り返しを行わない入力変数の数を指定する。 rep は残りの変数の最大繰り返し回数である。 デフォルトは -B 0 100 である。

例えば

snmpbulkwalk -v 2c -B 1 10 zeus public system interfaces

では、変数 system.sysDescr.0 (辞書順で system の次のオブジェクト) と インターフェースグループの最初の 10 個のオブジェクトを取得する。

system.sysDescr.0 = "SunOS zeus.net.cmu.edu 4.1.3_U1 1 sun4m"
interfaces.ifNumber.0 = 2
interfaces.ifTable.ifEntry.ifIndex.1 = 1
interfaces.ifTable.ifEntry.ifIndex.2 = 2
interfaces.ifTable.ifEntry.ifDescr.1 = "lo0"
等々

リクエストパケットを処理するときにネットワークエントリにエラーがあった場合、 エラーパケットが返されて、メッセージが表示される。 これは、リクエストがなぜ機能しなかったかを正確に示す助けとなる。

 

注意

名前が暗に示しているように、 snmpbulkget は SNMP v1 では使用できない SNMP GETBULK メッセージを使う。

 

関連項目

snmpcmd(1), variables(5).


関連キーワード

SNMPBULKGET, interfaces, snmpbulkget, system, 名前, ifEntry, リクエスト, ifTable, 変数, rep 

Index

名前
書式
説明
注意
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:33 GMT, January 09, 2022