TLOAD

Section: Linux User's Manual (1)
Updated: 20 Mar 1993
Index JM Home Page
 

名前

tload - システムの負荷をグラフィカルに表示する  

書式

tload [-V] [-s scale] [ -d delay ] [tty]  

説明

tload は現在のシステムの負荷 (load average) を、 指定された tty にグラフで表示する (指定されなければ tload プロセスの tty に表示する)。  

オプション

-s scale オプションは画面上の縦軸を設定する。 load average 1 に対応するグラフのひと目盛が、 scale 文字分になる。したがって小さい値を設定すると スケールは大きくなる。逆も同じ。

-d delay はグラフの更新間隔を秒単位で指定する。

 

ファイル

/proc/loadavg 負荷情報

 

関連項目

ps(1), top(1), uptime(1), w(1)

 

バグ

-d delay オプションは引き数の時間を alarm(2) に設定する。 -d 0 を指定すると alarm は 0 となり、 SIGALRM は決して送信されず、画面は更新されない。

 

著者

Branko Lankester, David Engel <david@ods.com> および Michael K. Johnson <johnsonm@redhat.com>。

バグ報告は <albert@users.sf.net> まで送って欲しい。


関連キーワード

TLOAD, tload, 設定, バグ, delay, scale, 表示, 負荷, グラフ, 名前 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目
バグ
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:34 GMT, January 09, 2022