UNSHAR

Section: User Commands (1)
Updated: September 10, 1995
Index JM Home Page
 

名前

unshar - shar ファイルからファイルを取り出す  

書式

unshar [ options ] [ file ... ]  

説明

unshar は、メールメッセージをスキャンしてシェルアーカイブのはじまりを探し、 アーカイブの部分を (内部で起動した) シェルにかけて、ファイルを取り出す。 複数のファイルも受け付ける。 ファイルが指定されない場合、標準入力が使われる。  

オプション

オプションには、- で始まる 1 文字のバージョンと、 -- で始まる長いバージョンがある。 --help, --version は例外で、 短いバージョンがない。

--version
プログラムのバージョン番号を標準出力に表示し、すぐに終了する。
--help
ヘルプを標準出力に表示し、すぐに終了する。
-d DIRECTORY --directory=DIRECTORY
ファイルを取り出す前に、DIRECTORY に移動する。
-c --overwrite
shar ファイルへのオプションとして渡される。 (3.40 以降の shar で作られたような) 多くのシェルアーカイブスクリプトは、既存のファイルを上書きするための 引き数 -c を受け付ける。
-e --exit-0
このオプションは、多くのシェルアーカイブを 1 つのメールフォルダに 集める人を主な対象として存在する。 このオプションを使うと、`unshar' は 同じフォルダファイルに入れられた各シェルアーカイブを分離し、 フォルダファイルの始めから終りへ順に、 各シェルアーカイブからファイルを取り出していく。 これらの作業が正しく行われるのは、 多くの shar ファイルの最終行の先頭が `exit 0' で終っているからである。

オプション -e は内部的には -E "exit 0" と同じである。

-E STRING --split-at=STRING
このオプションは -e と同じように動作するが、 アーカイブの間を隔てる文字列が `exit 0' では不適切な場合に、 文字列を指定できる。

たとえば、多くの (署名ファイル) `.signature' では 署名のすぐ前に `--' があるので、 `exit 0' という行が最後にないシェルアーカイブを分割するために、 `--split-at=--' がよく使われる。 そうすると、署名は次のメッセージのヘッダーとまとめて読み飛ばされる。

-f --force
-c と同じ。
 

関連項目

shar(1)  

返り値

シェルからのすべてのメッセージが表示される。  

著者

shar と unshar プログラムは多くの著者の協同作品である。 多くの人々が、問題の報告・いろいろな改良の示唆・実際のコードの提供に 貢献してくれた。 これらの人々は sharutils ディストリビューションの THANKS というファイルにリストされている。


関連キーワード

シェル, アーカイブ, UNSHAR, shar, unshar, バージョン, 表示, 標準, 署名, メッセージ 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目
返り値
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:35 GMT, January 09, 2022