ALARM

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2017-05-03
Index JM Home Page
 

名前

alarm - シグナル配送のためのアラームクロックを設定する  

書式

#include <unistd.h>

unsigned int alarm(unsigned int seconds);
 

説明

alarm() は SIGALRM シグナルを seconds 秒後に呼び出したプロセスに配送するように手配する。

seconds がゼロならば、処理待ち (pending) のアラームはすべてキャンセルされる。

今までに設定されていた alarm() は中断される。  

返り値

alarm() は以前に予定されていたアラームの配送までの残り時間を返す。以前に アラームが予定されていなければゼロを返す。  

準拠


 POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, SVr4, 4.3BSD.  

注意

alarm() と setitimer(2) は同じタイマーを共有している; 片方を呼び出すことはもう一方の 使用に影響を与える。

alarm() で作成されたアラームは execve(2) の前後で保持され、 fork(2) で作成された子プロセスには継承されない。

sleep(3) は SIGALRM を利用して実装されているかもしれない。 alarm() と sleep(3) を混ぜて使用してはならない。

スケジューリング(scheduling)の遅延により、プロセスの実行に不定量の 遅延が起きる可能性がある。  

関連項目


 gettimeofday(2), pause(2), select(2), setitimer(2), sigaction(2), signal(2), timer_create(2), timerfd_create(2), sleep(3), time(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

alarm, ALARM, seconds, pages, 配送, プロセス, 注意, 準拠, 予定, プロジェクト 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:30 GMT, January 09, 2022