ARCH_PRCTL

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-04-11
Index JM Home Page
 

名前

arch_prctl - アーキテクチャー固有のスレッド状態を設定する  

書式

#include <asm/prctl.h>
#include <sys/prctl.h>

int arch_prctl(int code, unsigned long addr);
int arch_prctl(int code, unsigned long *addr);
 

説明

arch_prctl() はアーキテクチャー固有のプロセス状態またはスレッド状態を設定する。 code は副機能を選択し、引数 addr を副機能に渡す。 addr は、"set" 操作では unsigned long として、"get" 操作では unsigned long * として解釈される。

x86 と x86-64 の両方での使える副機能は以下の通り:

ARCH_SET_CPUID (Linux 4.12 以降)
Enable (addr != 0) or disable (addr == 0) the cpuid instruction for the calling thread. The instruction is enabled by default. If disabled, any execution of a cpuid instruction will instead generate a SIGSEGV signal. This feature can be used to emulate cpuid results that differ from what the underlying hardware would have produced (e.g., in a paravirtualization setting).
The ARCH_SET_CPUID setting is preserved across fork(2) and clone(2) but reset to the default (i.e., cpuid enabled) on execve(2).
ARCH_GET_CPUID (Linux 4.12 以降)
Return the setting of the flag manipulated by ARCH_SET_CPUID as the result of the system call (1 for enabled, 0 for disabled). addr is ignored.
x86-64 のみで使える副機能は以下の通り:
ARCH_SET_FS
FS レジスターの 64 ビットベースを addr に設定する。
ARCH_GET_FS
呼び出し元のスレッドの FS レジスターの 64 ビットベース値を、 addr が指す unsigned long の領域に格納する。
ARCH_SET_GS
GS レジスターの 64 ビットベースを addr に設定する。
ARCH_GET_GS
呼び出し元のスレッドの GS レジスターの 64 ビットベース値を、 addr が指す unsigned long の領域に格納する。
 

返り値

成功すると、 arch_prctl() は 0 を返す。エラーの場合、-1 を返し、 errno をエラーを示す値に設定する。  

エラー

EFAULT
addr がアンマップされたアドレスを指しているか、プロセスのアドレス空間の外にある。
EINVAL
code が有効なサブコマンドでない。
EPERM
addr がプロセスのアドレス空間の外にある。
ENODEV
ARCH_SET_CPUID was requested, but the underlying hardware does not support CPUID faulting.
 

準拠

arch_prctl() は Linux/x86-64 拡張であり、移植性を意図したプログラムでは使うべきでない。  

注意

arch_prctl() は現在のところ Linux/x86-64 上の 64 ビットプログラムでのみサポートされている。

新しい 32 ビットセグメントセレクタがロードされた場合、 64 ビットベースは変更される。

ARCH_SET_GS が無効にされているカーネルもある。

Context switches for 64-bit segment bases are rather expensive. As an optimization, if a 32-bit TLS base address is used, arch_prctl() may use a real TLS entry as if set_thread_area(2) had been called, instead of manipulating the segment base register directly. Memory in the first 2 GB of address space can be allocated by using mmap(2) with the MAP_32BIT flag.

Because of the aforementioned optimization, using arch_prctl() and set_thread_area(2) in the same thread is dangerous, as they may overwrite each other's TLS entries.

バージョン 2.7 時点では、glibc には arch_prctl() のプロトタイプがない。 今のところユーザーは自分自身で宣言する必要がある。 これは将来の glibc のバージョンで修正されるかもしれない。

FS may be already used by the threading library. Programs that use ARCH_SET_FS directly are very likely to crash.  

関連項目

mmap(2), modify_ldt(2), prctl(2), set_thread_area(2)

AMD X86-64 Programmer's manual  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

ARCH, addr, prctl, arch, PRCTL, unsigned, long, ベース, 設定, エラー 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:29 GMT, January 09, 2022