GETRESUID

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2017-09-15
Index JM Home Page
 

名前

getresuid, getresgid - 実、実効、保存、ユーザー ID / グループ ID を取得する  

書式

#define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <unistd.h>

int getresuid(uid_t *ruid, uid_t *euid, uid_t *suid);
int getresgid(gid_t *rgid, gid_t *egid, gid_t *sgid);  

説明

getresuid() は、呼び出したプロセスの実 (real) UID、実効 (effective) UID、 保存 (saved) set-user-ID (getresgid の場合はグループ ID) を、 それぞれ引数 ruid, euid, suid に格納して返す。 getresgid() は、呼び出したプロセスのグループ ID について同様の処理を行う。  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EFAULT
指定した引数のどれかが、呼び出したプログラムのアドレス空間の外の アドレスである。
 

バージョン

これらのシステムコールはカーネル 2.1.44 から Linux に登場した。

プロトタイプ宣言は 2.3.2 以降の glibc では _GNU_SOURCE を定義していると得られる。  

準拠

これらのコールは非標準である。 HP-UX や BSD 系のいくつかにも存在する。  

注意

元々の Linux の getresuid() と getresgid() システムコールは 16 ビットのグループ ID だけに対応していた。 その後、Linux 2.4 で、32 ビットの ID に対応した getresuid32() と getresgid32() が追加された。 glibc の getresuid() と getresgid() のラッパー関数は カーネルバージョンによるこの違いを吸収している。  

関連項目

getuid(2), setresuid(2), setreuid(2), setuid(2), credentials(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

getresgid, GETRESUID, getresuid, グループ, バージョン, エラー, pages, uid, gid, 保存 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:30 GMT, January 09, 2022