IDLE

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2012-12-31
Index JM Home Page
 

名前

idle - ID 0 のプロセスをアイドル状態にする  

書式

#include <unistd.h>

int idle(void);  

説明

idle() はブートストラップ時に使用される、内部システムコールである。 プロセスのページをスワップ可能に設定し、優先度を下げ、メインのスケジュー ル処理のためのループへ移行する。 従って idle() は return することはない。

ID 0 のプロセスのみが idle() を使用することができる。 他のユーザープロセスはたとえそれがスーパーユーザー権限を持っていたとして も EPERM を受け取る。  

返り値

idle() ID 0 のプロセスに対しては return しない。それ以外のユーザープロセスには 常に -1 を返す。  

エラー

EPERM
ユーザープロセスに対しては、常にこのエラーとなる。
 

バージョン

Linux 2.3.13 以降では、もはやこのシステムコールは存在しない。  

準拠

この関数は Linux 特有であり、移植を意図したプログラムでは 使用すべきでない。  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

プロセス, IDLE, idle, pages, エラー, ユーザー, 名前, バージョン, 準拠, EPERM 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:29 GMT, January 09, 2022