INOTIFY_RM_WATCH

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2017-09-15
Index JM Home Page
 

名前

inotify_rm_watch - inotify インスタンスから既存の監視アイテムを削除する  

書式

#include <sys/inotify.h>

int inotify_rm_watch(int fd, int wd);  

説明

inotify_rm_watch() は、監視対象ディスクリプター (watch descriptor) wd に対応する監視アイテムを、 ファイルディスクリプター fd に対応する inotify インスタンスから削除する。

監視対象を削除すると、 この監視対象ディスクリプターに対して IN_IGNORED イベントが生成される (inotify(7) 参照)。  

返り値

成功すると、inotify_rm_watch() は 0 を返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno をエラーの原因を示す値に設定する。  

エラー

EBADF
fd が有効なファイルディスクリプターではない。
EINVAL
監視対象ディスクリプター wd が有効でない。もしくは、 fd が inotify ファイルディスクリプターではない。
 

バージョン

inotify は Linux カーネル 2.6.13 に組み込まれた。  

準拠

このシステムコールは Linux 独自である。  

関連項目

inotify_add_watch(2), inotify_init(2), inotify(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

inotify, INOTIFY, WATCH, エラー, pages, ディスクリプター, 削除, int, インスタンス, Index 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:30 GMT, January 09, 2022