STIME

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-02-09
Index JM Home Page
 

名前

stime - 時間を設定する  

書式

#include <time.h>

int stime(const time_t *t);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

stime():
    Since glibc 2.19:
        _DEFAULT_SOURCE
    Glibc 2.19 and earlier:
        _SVID_SOURCE  

説明

NOTE: This function is deprecated; use clock_settime(2) instead.

stime() はシステムの時刻と日付を設定する。 t が指す時刻は、時刻紀元 (Epoch; 1970-01-01 00:00:00 +0000 (UTC)) からの秒数で指定する。 スーパーユーザーのみが stime() を実行できる。 (訳注: 正確にはグリニッジ平均時(GMT)ではなく協定世界時(UTC)が使用される)  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EFAULT
ユーザー空間から情報を得るときにエラーが発生した。
EPERM
呼び出し元のプロセスが十分な権限を持っていない。 Linux では CAP_SYS_TIME 権限が必要である。
 

準拠

SVr4.  

注意

Starting with glibc 2.31, this function is no longer available to newly linked applications and is no longer declared in <time.h>.  

関連項目

date(1), settimeofday(2), capabilities(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

STIME, stime, エラー, pages, 時刻, 設定, 権限, 準拠, 注意, longer 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:30 GMT, January 09, 2022