SYSCTL

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page
 

名前

sysctl - システムパラメーターを読み書きする  

書式

 #include <unistd.h>
#include <linux/sysctl.h>

int _sysctl(struct __sysctl_args *args);
 

説明

This system call no longer exists on current kernels! See NOTES.

_sysctl() コールはカーネルパラメーターを読み書きする。例えば、 ホストネームや同時にオープンできるファイルの最大数など。 引数は以下の形式である。

struct __sysctl_args {
    int    *name;    /* integer vector describing variable */
    int     nlen;    /* length of this vector */
    void   *oldval;  /* 0 or address where to store old value */
    size_t *oldlenp; /* available room for old value,
                        overwritten by actual size of old value */
    void   *newval;  /* 0 or address of new value */
    size_t  newlen;  /* size of new value */ };

このコールは /proc/sys の下のディレクトリツリーに似た木構造(tree structure)を検索する。 そして、要求された項目が見つかった場合は適切なルーチンを呼び出して 値を読んだり修正したりする。  

返り値

成功した場合は _sysctl() は 0 を返す。失敗した場合、-1 が返され、 errno がそのエラーを示す値に設定される。  

エラー

EACCESEPERM
「ディレクトリ」のどれかに検索許可がなかったか、 oldval が 0 でないのに読み込み許可がなかったか、 newval が 0 でないのに書き込み許可がなかった。
EFAULT
oldval に NULL でない値を設定して、以前の値を要求しているのに、 oldlenp に空きがない。
ENOTDIR
name が見つからなかった。
 

バージョン

This system call first appeared in Linux 1.3.57. It was removed in Linux 5.5; glibc support was removed in version 2.32.  

準拠

このコールは Linux 特有であり、移植を意図したプログラムで使用しては いけない。これは 4.4BSD に由来している。Linux は /proc/sys に写し(mirror)をもっており、項目の名前の付け方が Linux と 4.4BSD では 異っている。しかし sysctl() 関数の宣言は両方で同じである。  

注意

Use of this system call was long discouraged: since Linux 2.6.24, uses of this system call result in warnings in the kernel log, and in Linux 5.5, the system call was finally removed. Use the /proc/sys interface instead.

Note that on older kernels where this system call still exists, it is available only if the kernel was configured with the CONFIG_SYSCTL_SYSCALL option. Furthermore, glibc does not provide a wrapper for this system call, necessitating the use of syscall(2).  

バグ

オブジェクトの名前は、カーネルのバージョンごとに異なっている。 このため、このシステムコールはアプリケーションにとって 無価値なものとなっている。

全ての可能な項目が正確に記述されているわけではない。

今のところ /proc/sys/kernel/ostype に書き込むことでオペーレーティングシステムを変えることはできない。  

#define _GNU_SOURCE #include <unistd.h> #include <sys/syscall.h> #include <string.h> #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <linux/sysctl.h>

int _sysctl(struct __sysctl_args *args );

#define OSNAMESZ 100

int main(void) {
    struct __sysctl_args args;
    char osname[OSNAMESZ];
    size_t osnamelth;
    int name[] = { CTL_KERN, KERN_OSTYPE };


     memset(&args, 0, sizeof(args));
    args.name = name;
    args.nlen = sizeof(name)/sizeof(name[0]);
    args.oldval = osname;
    args.oldlenp = &osnamelth;


    osnamelth = sizeof(osname);


    if (syscall(SYS__sysctl, &args) == -1) {
        perror("_sysctl");
        exit(EXIT_FAILURE);
    }
    printf("This machine is running %*s\n", osnamelth, osname);
    exit(EXIT_SUCCESS); }  

関連項目

proc(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

sysctl, args, include, SYSCTL, call, system, int, proc, sys, size 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:54:17 GMT, May 19, 2022