UMASK

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-08-13
IndexJM Home Page
 

名前

umask - ファイルモード作成マスクを設定する 

書式

#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>

mode_t umask(mode_t mask); 

説明

umask() は、呼び出し元プロセスのファイルモード作成マスク (umask) を mask & 0777 に設定し (umaskのファイル許可に対応するビットのみを使用する)、 変更前のマスク値を返す。

umask は、 open(2), mkdir(2) やファイル作成を行うその他のシステムコールで、 新しく作成されるファイルやディレクトリの許可 (permission) を 修正するために使用される。 具体的には umask に設定されている許可がopen(2) や mkdir(2) の mode 引き数から取り消される。

Alternatively, if the parent directory has a default ACL (see acl(5)), the umask is ignored, the default ACL is inherited, the permission bits are set based on the inherited ACL, and permission bits absent in the modeargument are turned off. For example, the following default ACL is equivalent to a umask of 022:


    u::rwx,g::r-x,o::r-x

Combining the effect of this default ACL with a mode argument of 0666 (rw-rw-rw-), the resulting file permissions would be 0644 (rw-r--r--).

mask に指定するのに使用すべき定数については inode(7) で説明されている。

プロセスの umask のよくあるデフォルト値は S_IWGRP | S_IWOTH (8進で 022) である。 新しいファイルを作成する際に open(2) の mode 引き数に


 S_IRUSR | S_IWUSR | S_IRGRP | S_IWGRP | S_IROTH | S_IWOTH

を指定するというよくあるケースでは、作成されたファイルは


 S_IRUSR | S_IWUSR | S_IRGRP | S_IROTH

(because 0666 & ~022 = 0644; i.e., rw-r--r--). 

返り値

このシステムコールは必ず成功し、以前の umask 値を返す。 

準拠


 POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, SVr4, 4.3BSD. 

注意

fork(2) で作成された子プロセスは、親プロセスの umask を継承する。 execve(2) によって umask は変更されない。

It is impossible to use umask() to fetch a process's umask without at the same time changing it. A second call to umask() would then be needed to restore the umask. The nonatomicity of these two steps provides the potential for races in multithreaded programs.

Since Linux 4.7, the umask of any process can be viewed via the Umaskfield of /proc/[pid]/status. Inspecting this field in/proc/self/status allows a process to retrieve its umask without at the same time changing it.

umask の設定は、そのプロセスが生成する POSIX IPC オブジェクト (mq_open(3), sem_open(3),shm_open(3)) や FIFO (mkfifo(3))、 UNIX ドメインソケット (unix(7)) に設定される許可にも影響を与える。 一方、umask は、そのプロセスが (msgget(2), semget(2),shmget(2) を使って) 生成する System V IPC オブジェクトに設定される許可には 影響を与えない。 

関連項目

chmod(2), mkdir(2), open(2), stat(2), acl(5) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

umask,open,UMASK,プロセス,mode,default,マスク,process,permission,mkdir 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 15:49:13 GMT, July 11, 2021